閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

硬毛化・増毛化現象について

TOP / 医療レーザー脱毛 / 硬毛化・増毛化現象について

硬毛化・増毛化現象について

硬毛化現象とは

硬毛化現象とはレーザー脱毛、光脱毛などを行う際に非常に問題となる現象で、施術を行うと、かえって太くなる現象のことです。
ムダ毛の本数自体は減るのですが、残った毛がこれまでより太くなることが多いです。
これは毛根を十分に破壊できなかった場合に起こりうる現象と言われており、十分に破壊されなかった毛根が、生物学的活性化により活性化され、かえって元気になるためと言われています。

レーザー光線などの電磁波により、細胞が刺激されると細胞が活性化することはよく知られており、様々な美容治療に応用されていますが、それが悪い方に作用したのが「硬毛化現象」です。
すなわち、レーザーや光で完全に毛根を破壊できれば、永久脱毛となりますが、破壊できなければ毛根の細胞が活性化し、硬毛化する、というわけです。

硬毛化しやすい位置とは

硬毛化しやすい部位というのはよく知られており

  • ・二の腕
  • ・背中
  • ・お尻
  • ・肩

などが挙げられます。

いずれも細い毛がたくさん見られる場所で、なかなか周囲の組織にに十分なエネルギーを与えることができない位置です。
そもそもレーザー脱毛や光脱毛というのは、直接、毛根を破壊するのではなく、毛で反応し熱を発生させ、その余熱で毛乳頭やバルジ領域を破壊させているのです。
そのため、毛が細いということは、その分、十分に毛根に熱量を届けに来い、というこうとになり、十分毛根を破壊できない、ということにつながります。

硬毛化しさせやすい波長というのもわかっており
アレックスレーザー>ダイオードレーザー>ヤグレーザーの順に硬毛化しやすいと言われています。

アレックスレーザーは非常に使いやすく、脱毛の第一選択肢となるレーザーですが、意外な弱点があるのです。
多くのクリニックはアレックスレーザーによる脱毛器しかありませんので、当院のように2種類以上の波長を揃えているクリニックで治療すると安心だと思われます。

関連記事

脱毛部位

ご希望の部位の料金については、
下記メニューからご確認ください。

※細かな境界線や範囲については、初回カウンセリング時に診断いたします。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。