閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

レーザー脱毛による毛孔性苔癬の改善

TOP / 医療レーザー脱毛 / レーザー脱毛による毛孔性苔癬の改善

レーザー脱毛による
毛孔性苔癬の改善について

毛孔性苔癬は二の腕、肩を中心に、太もも、頬などにも見られる毛穴に沿ったプツプツで、俗にさめ肌と言われたりします。重症例では胸の外側、腰、お尻の辺りにも波及します。

思春期に症状が悪化し、30−40歳以降に自然に改善していきます。

報告にもよりますが全人口の10−40%ほどに見られます。
本症はいわゆるcommonc disease(ありふれた疾患)の一つで、これがあることで大きく健康を害するということはありません。

遺伝性の疾患で、常染色体優性遺伝と言われ、父、母のいずれかが毛孔性苔癬をお持ちであれば、お子さんは50%の確率で遺伝します。

時に軽度のかゆみを感じることがあります。
夏に症状が悪化することが多いです。

本症で、毛穴に角質が肥大し、積み重なっていることが特徴で、その結果、プツプツしたところにムダ毛が詰まって、らせん状に毛穴に溜まってしまいます。

治療法

毛孔性苔癬(二の腕のプツプツ)の治療は角質を柔らかくする効果のある尿素入りの保湿剤やサリチル酸を塗布することが一般的です。
毛穴が赤く炎症を起こしていたり、かゆみがある場合はステロイド外用を行うことがあります。
ビタミンA誘導体(トレチノインクリーム)が効果的、との報告もあります。

その他、ケミカルピーリングフォト治療フラクショナルレーザーピコフラクショナルレーザーダーマペン、色素レーザーなどが試みられています。

当院ではケミカルピーリング、フラクショナルレーザーをお勧めさせていただいております。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは毛穴の角質の詰まった部分を溶かし、その通りを良くします。
ニキビ治療と似た原理と思っていただくと良いかと思います。

詳しく見る

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーは真皮層に微小な熱傷を点状に作り、その再生力を生かし、肌を再生させる治療法です。

詳しく見る

ダーマペン

ダーマペンは微小な針を用いて、皮膚に小さな穴を開け、その再生を促し、肌を若返らせる治療です。
原理的にはフラクショナルレーザーと似ています。

詳しく見る

医療レーザー脱毛と毛孔性苔癬

毛孔性苔癬は毛穴にムダ毛がたまってしまうことが増悪因子の一つですので、医療レーザー脱毛によりある程度の効果が期待できます。

レーザー脱毛により毛根を破壊すると、角質の堆積も妨げられ毛孔性苔癬そのものがよくなる場合もあるようです。

レーザー脱毛を行った部位に関しては、毛孔性苔癬のある部位の肌質が以前よりもよくなったと感じる方が多いです。

関連記事

脱毛部位

ご希望の部位の料金については、
下記メニューからご確認ください。

※細かな境界線や範囲については、初回カウンセリング時に診断いたします。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。