閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

お尻の脱毛

Buttocks
対応医院
三鷹院
新座院
国分寺院
久我山院
TOP / 医療レーザー脱毛 / お尻の脱毛

お尻の脱毛について

お尻の脱毛とは

お尻の脱毛では、お尻の表面部分全体(臀部)のムダ毛を処理します。お尻はカーブしているので自己処理が他のパーツに比べて難しいだけでなく、範囲も広いので、ムダ毛が気になる場合はプロによる処理がおすすめです。

メリット

  • 水着や面積の小さい下着を着ても気にならない

    お尻の脱毛をしてしまえば、ムダ毛のない美しいお尻を手に入れることができますので、ムダ毛のせいでためらっていた水着やTバックなども自信をもって着こなすことができます。

  • 肌触りが良くなる

    お尻のムダ毛は全体的に産毛に近いので、腕や足のようにゴワゴワすることはありませんが、やはりムダ毛がなくなるとツルっとした肌触りになります。

セルフ処理との違い

セルフ処理

カミソリや脱毛クリームを使ったムダ毛処理は、手軽に行えるというメリットがあります。しかし、お尻は見えにくいので、剃り残しがあったり、場合によっては肌を傷つけたりしてしまうこともあり、注意が必要です。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛では、肌への負担を抑えながら、半永久的になくすことが可能です。レーザー脱毛を行ってしまえば自己処理する頻度も格段に減りますので、肌トラブルに悩まされることもなく、美しい状態をキープすることができます。

脱毛の流れ

事前の準備

脱毛を行う前日もしくは当日に、お尻のムダ毛を処理しておいてください。お尻は自分から見えにくく、カーブしているので、処理する際は、肌を傷つけにくい電気シェーバーがおすすめです。また、毛抜きでのお手入れは避けてください。

当日の流れ

1
カウンセリング

問診や肌状態のチェックを行います。カウンセリングは女性スタッフが対応いたしますので、男性医師には話しにくいお悩みなどもお気軽にご相談ください。

2
施術

カウンセリングで特に問題ないようであれば施術に入ります。打ち漏れを防ぐためにマーキングを行い、まずはテスト照射を行います。出力調整を終えたら本照射へと移ります。 ほくろやシミ、あざがある場合は、それらを避けてレーザー脱毛を行うことも可能です。

3
アフターケア

レーザー照射後は、肌の状態をチェックし、赤みや痛みを抑えるためにクーリングをします。
※クーリングで痛みや赤みが引かない場合は軟膏を塗布します。レーザー脱毛後は肌が非常に敏感になっていますので、丁寧に保湿を行い、衣服や下着による摩擦に注意してください。また、脱毛した当日はぬるめのシャワーのみにし、湯船につかることは避けてください。

痛みについて

お尻は脂肪が多く、毛も細いので、比較的痛みを感じにくいパーツです。ただ、骨に近い部分は響くような痛みを感じることがあります。 麻酔クリームを使用することで痛みを少なくすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

よくある質問

生理期間中でもお尻の脱毛はできますか?

はい可能です。

お尻の脱毛にリスクはありますか?

お尻は産毛が多いので、増毛化・硬毛化しやすいです。ただし、当院では最も硬毛化リスクの少ないと言われているNd:YAGレーザーも併用することが可能なので当院では硬毛化のリスクはかなり低いと思っていただいていいと思います。

お尻の脱毛にOラインは含まれますか?

お尻の脱毛範囲は腰の下からお尻の下のラインまでで、Oラインは含まれていません。

脱毛部位

ご希望の部位の料金については、
下記メニューからご確認ください。

※細かな境界線や範囲については、初回カウンセリング時に診断いたします。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。