閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ムダ毛の自己処理

TOP / 医療レーザー脱毛 / ムダ毛の自己処理

ムダ毛の自己処理について

ムダ毛は医療レーザー脱毛などで処理をする方もおられますが、自宅で処理をされる方もおられます。
自宅で処理をする場合、剃刀や、ワックス、除毛クリーム、自宅用光脱毛器なども売られています。

剃刀

剃刀では利き手でない方の手を使ったり、デリケートゾーン(VIO)を処理する場合などの皮膚を切ってしまうことがよくあります。
それだけでなく、剃刀を皮膚に当てることで、皮膚の表面が痛んだり、にきび、毛嚢炎などができやすくなることがあります。
特にデリケートゾーンを処理する場合は、注意が必要で、病院に行かなければいけないようなトラブルが多発することがわかっています。
何度剃刀で処理してもまた生えてきますので、いずれはトラブルが起こる処理方法といえるかもしれません。

ワックス

ブラジリアンワックスなどが話題となっていますが、これは毛をワックスで固めて引き抜いているだけですので、肌への負担はかなり大きい、と考えてもいいと思われます。
除毛同時に肌の角質もはがされてしまうからです。施術後、毛嚢炎、にきびや湿疹やかぶれなどのトラブルがかなり多いようです。
こちらも脱毛というより除毛ですので、1ヶ月もすれば毛が生えてきてしまいます。
ですので、これもいずれはトラブルが起こる処理方法といえるかもしれません。

除毛クリーム

ムダ毛を、アルカリ性のクリームで溶かしてしまおう、という施術法です。
実は毛と角質はかなり似た成分ですので、毛を溶かす、ということは角質も溶かしてしまう、ということになります。
角質は、皮膚を守る重要なバリア機能を担っていますので、それを溶かすということは、非常に危険なこと、ということが言えます。
こちらも脱毛というよりは除毛で、1ヶ月もすれば毛が生えてくるかと思います。

自家用光脱毛器

こちらはキセノンフラッシュというエステ脱毛で使われることが多い光脱毛器が主流のようですが、安全性の面から、エステ脱毛よりさらに出力が限られており、永久脱毛は望めないでしょう。機器の種類と肌の状態によっては火傷や毛嚢炎、にきびなどの副作用も起こりえます。長期で使えば、硬毛化と言ってムダ毛が濃くなる現象も起こりえます。

以上より、もし肌に合っているようならムダ毛の自己処理もいいでしょうが、いずれも永久脱毛とはいかず、肌を痛めるリスクと背中合わせですので短期間の使用にとどめた方がいいでしょう。もし永久脱毛を希望されるなら医療機関にご相談くださいませ。

関連記事

脱毛部位

ご希望の部位の料金については、
下記メニューからご確認ください。

※細かな境界線や範囲については、初回カウンセリング時に診断いたします。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。