閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

エステ脱毛と医療脱毛の違い

TOP / 医療レーザー脱毛 / エステ脱毛と医療脱毛の違い

エステ脱毛と医療脱毛の
違いについて

ムダ毛の脱毛をしたいと考える場合に、医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛、家庭でできる脱毛があるのですが、今回は、よく迷い間違える方の多い医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛の違いについて考えたいと思います。
いずれも似たような機器を使っているように見えますね。

出力の強さについて

ご存知の方も多いかもしれませんが、エステサロン脱毛では強力なエネルギーを照射できるレーザー機器の使用が法律的に禁止されています。

医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて

https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h15/documents/131109-a.pdf

レーザー脱毛の仕組みでも解説したとおり、レーザー脱毛では、毛で発生した熱を介して毛根(毛乳頭、もしくはバルジ体)を焼く、ということに尽きます。

上記(1)

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

で述べられていることはエステでは禁止されています。
そのため、毛乳頭、バルジ体を破壊することはできませんので、原理的に永久脱毛は不可能です。もしエステで永久脱毛が可能であったとしたら、法律違反、ということになります。

現に10回以上通っても抜けなかった、ということがよくあります。
エステ脱毛で行っているレーザー脱毛というのは毛根にエネルギーを与え、損傷させ、一時的に脱毛させているにすぎません。いずれ毛が生えてくることは否めません。
低出力でレーザーを照射した時によく見られることがですが、「硬毛化現象」というものが見られ、かえって毛が濃くなることすらあります。

通院頻度について

エステ脱毛では低出力のエネルギーで治療するため、10回以上の通院を行うことは普通であり、それでも薄くならないことがよくあります。
それに対し、医療用のレーザー脱毛では通常5回程度の通院でご満足いただけることがほとんどです。
それは上記、「出力の強さ」、を読んでいただければご理解いただけると思います。

費用について

一見、エステ脱毛の方が安く感じるのですが、その通院頻度、そのための交通費、時間を多く捻出しなければならない点、結局抜けなかったというリスク、などを考えると、むしろ医療用レーザー脱毛の方が安く感じるのではないでしょうか?
エステサロン脱毛のワンコイン脱毛なども料金の面で惹かれる方も多いと思いますが、エステサロンも多くの人を雇い、高額の広告費を支払った上で利益を出さないといけないので、当然その後には高価なコースが待っていると思ったほうがいいでしょう。

安全性について

医療レーザーは必ず医師の監視下に看護師が施術しています。
すなわち医療のプロが施術するのです。
それに対し、エステサロン脱毛では無資格者が施術します。
中には研修を1週間受けただけの素人同然のスタッフが施術している場合もあります。
安全性についてはこれ以上言うまでもないでしょう。

副作用について

脱毛行為はどんなに注意しても副作用はつきものです。
軽度の火傷や毛嚢炎(にきび)から、重度の火傷、光線過敏症といった重度の副作用まで一定の確率で発症しえます。
もし、病院で脱毛を行っている場合は、すぐに医師が診察し、適切に治療を行うことができます。
それに対し、エステサロン脱毛ではすぐに治療を行うことが不可能であるため、治療が後手に回り、色素沈着、瘢痕などの痕が残りやすくなります。それで訴訟になったケースもあります。

まとめ

以上より基本的には医療レーザー脱毛を行ったほうがいいでしょう。

関連記事

脱毛部位

ご希望の部位の料金については、
下記メニューからご確認ください。

※細かな境界線や範囲については、初回カウンセリング時に診断いたします。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。