閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ムダ毛は放置してもいいか?

TOP / 医療レーザー脱毛 / ムダ毛は放置してもいいか?

ムダ毛は放置してもいいか?

ムダ毛はあっても通常は健康上は問題ないのですが、時々、ムダ毛が病気の原因になることがあります。

毛巣洞

一つは毛巣洞と呼ばれるもので、毛が皮膚の中に入り込み、そこで成長し、炎症を起こす疾患です。

お尻の割れ目や脇など、毛が擦れたり、圧迫されやすいところにできやすく、粉瘤やせつなどと間違えられやすい疾患です。

ムダ毛が皮膚の中に入り込んでしまうと、異常なほど長くなり10cmほどになることもあります。
そのムダ毛の周りに炎症を繰り返し、そこに瘻孔と呼ばれるトンネル状の通り位置ができてしまいます。

さらにそこに炎症が起こり膿がたまると、膿を排出しようと、トンネル状の道が増え、しまいにはアリの巣状に複雑な構造となります。

数週間から数カ月に一回、毛巣洞のある部位が腫れ、痛くなってしまいます。
10年ほど放置すると癌化することもあるので注意が必要です。当院でも2例ほど癌化した症例を経験しております。

治療は基本的に手術しかなくトンネル状、アリの巣状の構造物を全て取りきる必要があります。
どの程度病変が広がっているかを術前に知ることが難しいため、手術の難易度は比較的高い方で、全国平均だと再発率は50%ほどと言われています。

手術も普通の皮膚科クリニックだとほとんど断られてしまうことと思います(当院ではもちろん毛巣洞手術をお受けしており、再発率も全国平均よりはるかに低いです)。※理事長の毛巣洞手術は終了いたしました。ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。

これはお尻の割れ目や脇のムダ毛が原因なので、治療後は再発予防のためレーザー脱毛をオススメしています。

黄菌毛症

腋窩や陰部の毛にコリネバクテリウムCorynebacterium tenuisが増殖することが発症します。
その他の菌が原因のこともあるようです。
それらの毛に黄色、白色、黄褐色、黒色のねっとりしたものた粉状のものが付着するようになります。
時に付着物は硬くなることがあります。

これらの菌は病原性、感染性はそれほど高くないのですが、放置すると悪臭の原因になりえますので、治療が望ましいです。

夏場に発症しやすく、不衛生にしていると発症しやすくなります。

黄菌毛症は腋窩や陰部の毛を脱毛し、テトラサイクリン系の抗菌薬含有軟膏、クリンダマイシン含有ゲル、ローション、ナジフロキサチン含有クリーム、ローションを塗布するとこと容易に治療することができます。

関連記事

脱毛部位

ご希望の部位の料金については、
下記メニューからご確認ください。

※細かな境界線や範囲については、初回カウンセリング時に診断いたします。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。