閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

サブシジョン

Subcision
対応医院
三鷹院
新座院
国分寺院
久我山院
志木院
大宮院
朝霞台院
池袋院
新宿院
TOP / サブシジョン

サブシジョンとは

真皮と筋膜が癒着している場合、皮膚に針を通し、その癒着している部分を剥離し、下から引っ張っている力を解除する手術(subcision)が用いられます。下から引っ張られている力が解除されるのと、自然の創傷治癒の力が促進されるため、傷が盛り上がり、なだらかになることを期待した治療です。何度か治療を繰り返さなければならないことが多数あります。

サブシジョンの医学データ

まだ日本で馴染みの薄いサブシジョンについて、医学的データを集めましたので紹介したいと思います。どのデータにしても安定的な効果が出ているの特徴ですので、日本でもより一般的になることが望まれます。

◇Nilforoushzadehらの報告ではフラクショナルレーザー+サブシジョン 3週インターバル5回で 54.7%の改善、フラクショナルレーザーのみの場合は43.0%の改善が見られたと報告されています。

◇Faghihiらの報告では、顔の半面をサブシジョン1回+RFを使ったマイクロニードルセラピー3回行い、残りの半面はRFを使ったマイクロニードルセラピー3回行われました。それを何も知らない医師が効果を判断したところ優位にサブシジョンを行われ方が、効果が高いと判断しました。また患者満足度もサブシジョンが行われた方が優位に高いです。

◇Balighiらの報告では20名のローリング型のニキビ痕の患者様に対してサブシジョンを行ったところは半年後の評価では、10%が効果なし、70%が軽度効果あり、20%が中程度の効果があったと判断しました。

◇Sageらは顔の半分にサブシジョンを行い、残りの半分にコラーゲン注入を行いその効果を比較しました。その結果どちらにどの治療を行なったか、わからない医師が判断したところ、サブシジョンを行なった方のスコアは平均2.95(3が軽度改善)、コラーゲン注入側は3.05とほぼ同等です。患者の評価はサブシジョン3.9(4は中等度改善)、コラーゲン注入側は2.9と患者の評価はサブシジョンの方が高いことがわかりました。

◇Ramadanらは同様の方法でローリング型のTCAピーリングとサブシジョンを比較しました。にきび跡の減少はピーリング側では0.08657 ± 0.090 cm2 、サブシジョン側では0.3867 ± 0.09 cm2 anとサブシジョン側の方が効果が高いことが示されました。またサブシジョンが行われた方はにきび痕が浅くなることがわかりました。

◇Harandiらはサブシジョンと(再陥凹を防ぐための)術後の吸引を用いるという画期的な方法も考案されています。術後3日目から毎日吸引が行われた群では、60−90%の改善が見られました。一方、5−7日後から吸引が行われた群では改善は30–60%にとどまりました。

◇Al-Dhalimiらはローリング型のニキビ痕の治療にサブシジョンを行いました。

治療前 治療半年後
軽症 0 53%
中等度 76.48% 44%
高度 23.52% 3%

結果、上記の様に軽症の方が増え、重症の方が減少し、サブシジョンが大いに効果があったのがわかります。患者満足度の観点から見ますと21%がある程度満足し、65%が大いに満足し、15%が完全に満足したと報告されています。(筆者注:患者満足度のデータは国民性、聴き方などにより大きく変化しうるので、参考程度にとどめておいた方がいいでしょう)

◇Garg Sらは顔の半分にサブシジョンとダーマローラと行い、残り半分にサブシジョンとクライオローラを行いました。その結果、サブシジョンとダーマローラを行った方は平均40%の改善、サブシジョンとクライオローラを行った方が平均57%の改善が見られました。

Gardらは49名の患者様に対して、サブシジョンを行い、その後ダーマローラと15%TCAピーリングを2週間おきに6回行なった患者様では、患者様全員がある程度以上改善が見れました。Grade4を最重症とするニキビ痕の分類で以下のような効果が見られました。

Excellent
(100-75%
改善)
Very good
(75-50%
改善)
Good
(50-25%
改善)
Poor
(25-0%
改善)
Grade4 75% 25%
Grade3 36.4% 63.6%
Grade2 100%

他の研究では、10名のgrade4のにきび痕の患者様に対して、サブシジョン、その後50%TCAピーリングが3回行われました。その結果、全員がgrade4⇨grade2に改善したと報告されています。患者満足度においては6名がexcellent、3名がgood、1名がfairと答えたとされています。

◇Nilforoushzadehらは他の研究では、8名のローリング型の患者にサブシジョンが行われ、7名の患者で、goodもしくはvery goodの改善が見られました。治療前の病変数の平均は24.8 ± 12.1が治療後は12.8 ± 2.1まで減少しました。

また18名のローリング型の患者にblunt subcision bladeという器具を使ってサブシジョンを行なったところ、50%の患者で著効、33%の患者で中等度改善、16.7%で軽度改善が見られました。(筆者注:欧米ではサブシジョンのための様々な機器が開発されています)

料金表


メニュー 料金(税込)
サブシジョン【1㎠あたり】 27,500円
サブシジョン【全顔】 396,000円

※サブシジョン+炭酸ガスレーザーの全顔メニューもご用意しております。

詳しくは各院にお問い合わせください。

副作用

内出血、腫れ、かさぶた化、硬結、色素沈着(数ヶ月)、赤み(数ヶ月)、完全には治らない可能性

※症状、肌質により効果に差があります。

関連記事

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。