閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ヒアルロン酸注入技術の習得

TOP / ヒアルロン酸注入について / ヒアルロン酸注入技術の習得

ヒアルロン酸注入技術の習得

花房火月医師は、最新の治療法や技術、知識をいち早く取り入れる為、日本人の出席率が非常に少ない海外の学会に積極的に出席しております。
2017年はADD(American academy of dermatology annual meeting2017 アメリカ皮膚科学会)、PDA(Pacific Dermatologic Association)、ASDS(American Society of Dermatologic Surgery米国皮膚外科)にも出席いたしました。
ADDは世界最大の皮膚科学会ですが、日本人の出席者が数人というのが現状です。 学会では米国の最新技術・知識に加え、アジア人向けの骨格に合わせたヒアルロン酸注入技術を習得しました。

現在、日本では頬骨上に大量に注入する、シワに沿って注入するだけ、くぼみに注入するだけといった、原初的な治療法が多く取り入れられています。
シワやたるみは多少改善されたとしても、「かわいい」や「美しい」といった患者様の満足地点までは充分には到達していないでしょう。
よくニュースにも取り上げられている、セレブが頬骨上や顎に大量注入し、その不自然な風貌がやり過ぎ・崩れてきたなどと非難される背景にはこのような注入法が関係しているでしょう。

ヒアルロン酸注射は、先進国の美容皮膚科の分野で最重要な施術として確立されたといっても過言ではありません。
海外では学会のたびにヒアルロン酸注入のテクニックシェアが行われ、はるかに高いレベルで学術的なテクニックがシェアされています。
しかしそのテクニックについては現在の日本では充分共有されているとはいえず、業者のセミナーで学ぶ機会がある程度と思われます。
しかし業者のセミナーだけでは、基本の注入法は学べても、人によって注入部位や量の調節までは中々知る事が出来ません。

はなふさ皮膚科では海外の最新の注入方法を基づき、「自然に若返る」「本当に美しくする」テクニックを患者様に提供したいと思います。

さらに、得た技術を元に講習会を院内外にて開催し、多くの医師や医療従事者にテクニックシェアをして参りました。

関連記事

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。