三鷹、国分寺、新座、久我山、志木、大宮に6院 はなふさ皮膚科・美容皮膚科

ボリフト

VOLIFT

volift ボリフト

VOLIFT(ボリフト)とは

イメージ
VOLIFT(ボリフト)は厚労省の承認をえて、2018年8月27日に日本でも発売となったフィラーです。
米国アラガン社によるヒアルロン酸で米国では2013年頃から使われているものです。
米国アラガン社のヒアルロン酸のシリーズの一つで
Voluma(ボリューマ)
VOLIFT(ボリフト)/VOLLURE
VOLBELLA(ボルベラ)
は3兄弟と言っていいでしょう。

VOLIFT(ボリフト)の特徴

Voluma(ボリューマ)・VOLIFT(ボリフト)/VOLLURE・VOLBELLA(ボルベラ)の3兄弟はいずれもVYCROSS™ technologyという技術によりヒアルロン酸が架橋されています。
ヒアルロン酸そのものは体内では数日で分解されていますので、そのヒアルロン酸自体を架橋という方法を使ってつなぎ合わせる必要があります。

長いヒアルロン酸と短いヒアルロン酸を混ぜてそれを密に架橋しヒアルロン酸の塊を作るのが VYCROSS™ technologyです。
通常、長いヒアルロン酸のみを架橋するのですが、その場合、架橋構造を増やしすぎると、注入後に水分を吸収しすぎ腫れやすくなります。
逆に架橋構造を少なくするとやや架橋構造が荒くなり、結果、分解されやすくなります。
逆にVYCROSS™ technologyを用い、長いヒアルロン酸と短いヒアルロン酸を混ぜて密に架橋させることで、強固な構造ができ、分解されにくくなります。

大きな石だけでは強固な石垣を作ることは困難で、大きな石と小さな石を組み合わせることで強固な石垣を作ることができる、ということを考えるとイメージしやすいです。

VYCROSS™ technologyにより分解されにくい、すなわち長持ちするヒアルロン酸ができます。
また、膨張率は少なく、入れてから後で膨らみすぎるということはありません。そして滑らかで、馴染みのよくなるのがシリーズの特徴です。

架橋が増えると一般的にはれが大きくなりますが、アラガン社のこちらのシリーズは上述の通り術後の腫れが少ないのが特徴となっています。

VYCROSS™ technologyで作られたヒアルロン酸はそのほか、同じく米国アラガン社から販売されている
・Volume(ボリューマ)
・VOLLURE/ボリフトVOLIFT
・VOLBELLA(ボルベラ)
があります。

ボリューマが最も濃く、力強いリフト感があり、骨状など深部への注入に向いております。シリーズの中では、最もパワフルなフィラーです。

最も薄くライトなものはボルベラで、皮膚表層への注入に向いています。口周囲の浅いシワや目の周りの浅いシワに使われています。比較的使用範囲も広く、米国でもよく使われています。

今回販売となったボリフトはボリューマとボルベラの中間です。
VOLLUREとVOLIFT(ボリフト)は同じもので米国ではVOLLURE、欧州・日本ではVOLIFT(ボリフト)として販売されています。
ボリフトの方が、日本語的に語感がいいからでしょう。

ボリューマとの違いは、ボリフトの方がライトで、薄く柔らかくて馴染みがいい、という点でしょう。
法令線の治療、マリオネットラインの治療、目の下の窪みなど治療にいいでしょう。
パワフルなリフト作用はなく、中等度以上のたるみ治療には向かないでそうが、それ以外の治療なら慣れれば広範囲にしようすることができるでしょう。

VOLIFT(ボリフト)の適応

米国でも日本でも中程度から重度のシワ、もしくはくぼみの治療に適応があります。
ほうれい線の治療に適している、と言われています。
そのような適応のヒアルロン酸は、承認薬、未承認薬を含め多数あり、いわゆるレッドオーシャンの分野ですが、ボリフトの最大の特徴はその持続時間の長さで、最大18ヶ月の持続が期待できます。
効果の持続時間が高いものは一般的に硬く馴染みにくい傾向がありますが、ボリフトは持続時間が高いにも関わらず柔らかく、馴染みやすいの特徴です。
入れた後の違和感も少ないでしょう。

その意味で初心者でも使いやすく、扱いやすいヒアルロン酸と言えるかもしれません。
逆にパワフルな力強さに欠ける、と言えるでしょう。

ヒアルロン酸注入における“自然な仕上がり”が最も重視される近年においてボリフトは求められている製剤なのかもしれず、今後人気が上がるかもしれません。

筆者感想

ボリューマが販売されてから、次に日本で販売されるのはVOLBELLA(ボルベラ)だと思っていましたので、VOLIFT(ボリフト)が先に販売されたことには少し驚かされました。
ボリフトというのは、もちろん優れた製剤ですが、米国ではボリューマ、ボルベラほどの人気製剤とは言えないように感じていたためです。

ボリフトの魅力は注入直後の馴染みやすさや滑らかさがあります。
通常、そのような特徴があるヒアルロン酸は、リフト感はあまりないのですが、ボリフトはモチっとしたリフト感が特徴的で、やや他とは違った効果が期待出ます。

例えば中等度のほうれい線治療、マリオネットラインでは完璧に近い仕上がりを目指すことができます(患者様の症状、術者の技量にもよります)。
そのほか、目の下の窪み、いわゆるゴルゴラインと言われる頬のシワにも効果的で、今までのヒアルロン酸で満足できなかった方にもご満足いただける可能性があります。
そして持続時間が18ヶ月と長い点は最大の魅力となるでしょう。

お気軽にお問い合わせください

はなふさ皮膚科・美容皮膚科の医院はこちら

はなふさ皮膚科 三鷹院

はなふさ皮膚科 三鷹院

TEL.0422-72-8650

受付時間/10:00~13:00、14:30~18:30
※土曜は9:00~13:30まで
休診日/木・日・祝日
東京都三鷹市下連雀3-37-2 フィル・パーク三鷹駅前2階

はなふさ皮膚科 新座院

はなふさ皮膚科 新座院

TEL.048-483-8723

受付時間/9:30~12:30、14:30~18:00
※土曜は8:30~13:00
休診日/水・日・祝日
埼玉県新座市野火止5-10-26

はなふさ皮膚科 国分寺院

はなふさ皮膚科 国分寺院

TEL.042-320-7722

受付時間/8:30~11:30、14:30~18:00
※土曜は8:30~13:00まで
休診日/木・日・祝日
東京都国分寺市本町 4-1-9

はなふさ皮膚科 久我山院

はなふさ皮膚科 久我山院

TEL.03-5336-0770

受付時間/9:30~12:30 14:30〜18:00
※土曜は8:30~13:00
休診日/水・日・祝日
東京都杉並区久我山4-1-9 久我山ビルディング2階

はなふさ皮膚科 志木院

はなふさ皮膚科 志木院

TEL.048‐424‐3726

受付時間/9:30~12:30、14:30~18:00
※土曜は8:30~13:00
休診日/水・日・祝日
埼玉県志木市本町5-25-8 ドゥーセットビル3階

はなふさ皮膚科 大宮院

はなふさ皮膚科 大宮院

TEL.048-729-8287

受付時間/10:30~13:00、15:00~18:30
※土曜日 10:30~14:30
休診日/水・日・祝日
埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目9番地
仲町シロタビルEAST 3階

はなふさ皮膚科 朝霞台院

はなふさ皮膚科 朝霞台院

TEL.048-485-8405

受付時間/9:30~12:30、14:30~18:00
※土曜日 9:30~14:00
休診日/水・日・祝日
埼玉県朝霞市東弁財1丁目5番地18号カロータビル3階

無料カウンセリング受付中!

カウンセラーが親切丁寧にご対応します。
お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

各院へお気軽にご相談ください。

三鷹院
TEL.0422-72-8650
新座院
TEL.048-483-8723
国分寺院
TEL.042-320-7722
久我山院
TEL.042-320-7722
志木院
TEL.048-424-3726
大宮院
TEL.048-729-8287
朝霞台院
TEL.048-485-8405

未成年の方へのご案内

未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。