閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

美容効果もあるシミ治療

TOP / シミの種類と治療法 / 美容効果もあるシミ治療

美容効果もあるシミ治療について

シミ治療には様々な方法がありますが、単にシミをとる、薄くするというだけでなく、そのほか、副次的に肌を若返らせる効果のある治療法もあります。

以下はよくシミや肝斑で使われる治療法ですが、シミ以外にも効果のある治療法です。

フォト(IPL)治療の副次的効果

赤みの改善
ニキビ、ニキビ跡の赤みの改善
小じわの改善
毛穴の開きの改善

フォト治療は美容皮膚科の基本の治療法ですが、長らく人気の施術となっています。フォト治療を定期的に長く続けている方は、肌が年齢よりも若く感じられることが多く、その副次的な皮膚へのリジュビネーション効果が伺えます。フォト治療器の光は、線維芽細胞を刺激し活性化し、コラーゲンやエラスチンの産生を促しています。その結果、真皮へハリが生まれます。

またフォトの光は単一波長ではなく、様々な波長を含む光を放射します。当然、ヘモグロビンと反応する波長領域も含まれ、間接的に皮膚表面の過剰な血管にダメージを与えることで過剰な血管を消退させ赤みを改善させます。その結果、肌の赤みも改善させることが可能になります。

またフォト治療の光はニキビ菌を殺菌する波長も含まれていますので、ニキビの治療、予防にも役立ちます。

ピーリングの副次的効果

ニキビの改善
毛穴の改善
小じわの改善

ピーリングは肝斑のシミ治療などによく使われる治療です。こちらも長く続けることで、肌が綺麗になっていく効果があります。ピーリングの薬剤が毛穴から真皮に入り、線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンやエラスチンの産生を促しているから、と考えられています。

ピーリングの薬剤が、毛穴に詰まった古い角質を溶かし、毛穴のつまりを解除するのでニキビや毛穴の黒ずみにも効果があります。

エレクトロポレーション・イオン導入の副次的効果

小じわの改善
ニキビの予防、改善

これらの治療法は肝斑のシミ治療でよく用いられます。電気の力を利用し、薬剤が皮内への吸収を容易に、さらに薬剤を皮膚の深部にまで移動することを可能とします。

これらの施術で使われる代表的な薬剤はビタミンA類似物質やビタミンC、トラネキサム酸などです。
たとえばビタミンA類似物資を含む薬剤の場合、皮膚のターンオーバーを促し、表皮の若返りを促します。同時に線維芽細胞に働きかけコラーゲンやエラスチンの産生を促します。毛穴の過角化を抑えますので、ニキビにも効果があります。

ビタミンCの場合は、過酸化物質を還元することで、肌をダメージから守ります。炎症を収める役割があるので、ニキビ跡の赤みの治療にも用いられます。

まとめ

これらの治療は古典的な治療と言っていい治療ですが、美容皮膚科の黎明期からこれまでずっと行われている治療法で、いまだに根強い人気のある治療法です。

一時的に人気が出ても短期間で下火になる治療が多い中、長く人気のある治療はやはり本当にいい治療法であることが多いです。

単にシミを薄くするから、単にニキビをよくなるから、という単純なものではなく、肌の再生をたすけ肌の老化予防に役立っているからだと考えられます。これらの治療法は美容皮膚科のスタンダードとしてこれからも使用され続ける治療法だと思います。

患者様には定期的に続けていただくことをお勧めします。

関連記事

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。