閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ニキビ跡の色素沈着によるシミについて

TOP / シミの種類と治療法 / ニキビ跡の色素沈着によるシミについて

ニキビ跡の色素沈着によるシミについて

ニキビができてしまった後に皮膚が黒ずんでしまうことは多々あります。
これは厳密にはシミではなく、炎症後色素沈着と呼ばれるものです。

ニキビは毛穴に炎症が起こりますので、その結果、周囲の皮膚のメラノサイト(メラニンを作っている細胞)が活性化し、色素沈着が残ります。

もともと色黒の方、よく日焼けをしている方に炎症後色素沈着のリスクが高いことがわかっています。

治療法

まずはニキビを再発させないことが大事です。
ニキビ跡の色素沈着は多くの方は自然に薄くなっていきます。
半年くらいでほとんど消えることもあります。

なるべくニキビ跡の色素沈着はこすらずに、紫外線に当てないようにすることが大事です。

メソアクティス・メソナJ

様々な有効成分を電気の力で「痛みなく」「肌深層まで」浸透させることができます。

詳しく見る
イオン導入

ビタミンA,Cをイオン導入することで、それらを含有するクリームやゲルを皮膚につけるよりも何倍も皮膚に浸透させることができます。

詳しく見る
ハイドロキノン・トレチノインの外用、ビタミンCの内服

ハイドロキノン・・・メラニンの産生を邪魔することで、色素沈着を改善させます。
トレチノイン・・・表皮のターンオーバーを促進することで、結果的にたまったメラニンを排出します。
ビタミンC・・・メラニンの産生を阻害する作用、できてしまったメラニンを還元し白くする作用があります。

これらの美白剤を使用することでニキビ跡の色素沈着を改善させます。

レーザー治療

レーザー治療により炎症後色素沈着を悪化させてしまうリスクもありますので、どうしても治らない色素沈着の場合に、レーザー治療をトライすることをお勧めします。

レーザーは沈着した色素を破壊してくれるのですが、熱や衝撃波が発生し、軽度な火傷のような状態になることが多いです。
そのため、炎症が少し起こり再び炎症後色素沈着になるリスクや、色素沈着(ニキビ跡の黒ずみ)が再発してしまうリスクがあります。

また強くレーザーを当て過ぎると、色素を作っているメラノサイトを完全に破壊しつくしてしまい、白斑となる恐れがあります。

ただ、レーザー治療が良くないか、といえばそうでもなく、付け薬などの治療を1年以上続けても改善しなかったような場合は、慎重にレーザー治療を行うと良いと思います。

レーザー治療後は、再発しないように治療後も慎重にケアをする必要があります。
具体的には、なるべくこすらない、日に当てない(紫外線を当てない)という注意を徹底することとが最低限、必要です。
レーザーを当てた後に、ハイドロキノンやとレチノインクリームといった美白剤を使用するといいでしょう。

関連記事

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。