閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram
美容コラム
Column
TOP / 美容コラム / 産後にシミが増える?原因や対策について
2019年11月07日

産後にシミが増える?原因や対策について

出産後のシミにお悩みの女性が多いことをご承知でしょうか? 妊娠に伴って女性の体には様々な変化が生じ、その結果シミなどの肌トラブルが起きてしまうのです…。 こちらでは、シミでお悩みのママ向けに「産後にシミが増える原因と対策」についてご説明していきます。

産後にシミが増える原因

出産を乗り越えて赤ちゃんに会えた時の喜びは、ママ・パパにとって言葉に言い表せないほどですよね。体内で人を一人育てるわけですから、妊娠から出産、そして産後しばらくは体への負担は大きいもの。赤ちゃんのために、女性の体には様々な変化が生じるのです。 この体の変化に伴って、妊娠から出産後に「シミ」が増えやすくなってしまいます。女性ホルモンにはエストロゲンとプロデステロンがあり、妊娠するとこれらの女性ホルモンが増え、その影響でシミが増えると考えられています。 出産してからすぐにホルモンバランスが正常に戻るわけではないので、妊娠から出産後しばらくはシミが増えたり、悪化したりします。

産後にできやすいシミの種類

肝斑

肝斑は頬や眼の下、額などに左右対称にみられる薄茶色のシミで、女性ホルモンが肝斑の発症や悪化に影響すると言われています。
妊娠すると女性ホルモンが増加するため肝斑ができやすくなります。
肝斑は紫外線を浴びると悪化しますので、しっかりと紫外線対策をしましょう。

主な治療法

そばかす

そばかすは顔、特に鼻を中心に左右対称に散らばる茶色の小さなシミで、発症の原因は遺伝的なものと言われています。
妊娠による女性ホルモン増加の影響を受け、そばかすが濃くなったり増えてきたりします。
出産してから数ヶ月経てば元に戻ることが多いので、そばかすが悪化しても暫くは様子を見て良いかもしれません。

主な治療法

脂漏性角化症

盛り上がりのある茶色いシミを脂漏性角化症と言います。悪性化することはありませんが、見た目が気になって治療する方が多いようです。 妊娠によるエストロゲン増加の影響で増えやすく、予防方法や自然治癒はないため治療が必要になることが多いです。

主な治療法

産後のシミ対策

紫外線対策は必須

シミは紫外線によって発症、悪化しますので、肌が露出する部分にはしっかりと日焼け止めを塗って対策する事が大切です。紫外線と聞けば夏だけ対策をすれば良いと思われがちですが、夏以外の季節にも紫外線は降り注いでいますのでオールシーズン紫外線対策が必要となります。 ご自身のお肌に合わせて日焼け止めを選んでいただきたいのですが、できればSPF30以上が理想的です。

なるべくストレスを溜めない

「産後うつ」という言葉があるほど出産後はストレスが溜まり、憂鬱な気分になってしまうものです。可愛い我が子のためと言っても、育児に追われる毎日は大変ですよね。 こういったストレスはシミをつくったり悪化させたりする原因となりますので、できるだけストレスを溜めないようにする事が大切です。 もちろんシミ対策だけでなく、ママの精神衛生上ストレスは避けるべきでしょう。 パパに協力を求めたり、リラックスできる時間をつくったりして上手にストレスと付き合っていきましょう。

しっかり睡眠をとろう

「睡眠不足はお肌の大敵」と言われるように、美肌づくりに睡眠はとても重要です。寝ている間に最も多く分泌される成長ホルモンは肌のターンオーバーを促し、キレイなお肌をつくってくれるのです。 なので、睡眠不足や不規則な睡眠では皮膚の再生が滞ってシミやしわなど様々な肌トラブルを起こす原因になります。出産後は子育てで睡眠時間があまり確保できないかと思いますが、なるべく睡眠をとるように意識しましょう。

スキンケアを欠かさないで

シミ対策ではスキンケアを怠らず、お肌に合った化粧水や乳液でしっかりと保湿することが基本となります。できるだけ薄化粧を心掛け、刺激の少ない化粧水ですぐに落とせるようにしましょう。 また、お肌に刺激を与えるスキンケア用品は避けて、石鹸や化粧品、化粧水なども低刺激なものを使うのがお勧めです。 一般的に、香りの強いものはお肌の刺激になることが多いようです。

監修医師紹介

院長
花房 火月(ハナフサ ヒヅキ)
経歴
  • 平成18年3月  東京大学医学部医学科卒
  • 平成18年4月  癌研究会有明病院(初期研修医)
  • 平成19年4月  東京大学医学部附属病院(初期研修医)
  • 平成20年4月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(専門研修医)
  • 平成20年7月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(助教)
  • 平成20年12月  NTT東日本関東病院皮膚科(医員)
  • 平成22年7月  東京厚生年金病院皮膚科(レジデント)
  • 平成23年7月  三鷹はなふさ皮膚科開設
医師紹介へ

その他の記事

レチノールの効果と使い方は?使用時の注意点についても解説

美肌ケアに興味がある方の中には、「レチノール」について耳にしたことがある人もいるかもしれません。レチノールはエイジングケア効果で注…

【皮膚科医が教える】おすすめのニキビの治し方!即効性がある方法はある?

ニキビができて困っていませんか?特に顔にできたニキビは人目につきやすいので、ニキビができると悩んでしまう人も多いでしょう。ニキビを…

毛嚢炎を早く治す方法はある?原因と対処方法を解説!

毛嚢炎を早く治す方法はある?原因と対処方法を解説! ムダ毛処理をすると、患部が赤く腫れて、ヒリヒリと痛くなることがあります。これは…

日焼けはニキビの大敵!紫外線が及ぼす影響やメイクのポイントを解説

「夏になるとニキビが増える」「ニキビ肌に使える日焼け止めは?」といった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。 夏場の強い紫…

オイリー肌(脂性肌)は改善できる?皮膚科医が改善策や治療について解説!

オイリー肌はニキビや毛穴の黒ずみ、化粧崩れなどの美容上の悩みを抱えやすい肌質です。日ごろから肌質について気になっている方の中には、…

そばかすを自分で消す方法はある?皮膚科でおすすめの治療法も紹介

そばかすが気になっている人の中には、セルフケアで消したいと考えている人もいるのではないでしょうか?自分でそばかすが消せるのか気にな…