閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram
美容コラム
Column
TOP / 美容コラム / ニキビをつぶすのはNG?自己処理で痕になる危険性について
2019年09月02日

ニキビをつぶすのはNG?自己処理で痕になる危険性について

ニキビは自分でつぶして大丈夫?

ニキビが出来たら自分で潰して治そうとお考えの方もいらっしゃいますが、炎症のあるニキビを潰したり、力任せにニキビを潰したりするとニキビ痕になる可能性が高まります。 また、ニキビ痕ができる原因はニキビによる炎症なのですが、炎症を伴わないニキビ(微小面皰や白ニキビ、黒ニキビ) でも、潰してしまうとニキビ痕になる事があります。 皮膚科でも医師の判断のもとニキビを潰すことによる治療を行う場合がありますが、自己判断でニキビを潰すのはニキビの悪化やニキビ痕が残るなどリスクがあるので控えた方が良いでしょう。

つぶして良いニキビ

クリニックで行われる「面ぽう圧出術」というニキビを潰すことによる治療は、ニキビの原因となる皮脂を取り除いてニキビの改善を図るのですが、潰して良いニキビは黒ニキビ等、炎症を伴わないものだけです。 化膿したニキビや赤ニキビなど炎症を伴うニキビ を潰してしまいますと、さらに炎症を起こしニキビが悪化するばかりか、ニキビ痕ができる事があるのです。 1度ニキビ痕ができると治すのに時間がかかる事が多いので、ニキビを治す際にはニキビ痕を残さないようご自身のニキビ症状に合った治療をするのが重要です。
炎症のないニキビ 炎症を伴うニキビ
・微小面皰 ・白ニキビ(閉鎖面皰) ・白ニキビ(閉鎖面皰) ・赤ニキビ(浅在性の炎症性皮疹) ・化膿したニキビ(膿疱) ・嚢腫・硬結(深在性の炎症性皮疹) ・ニキビ跡

ニキビ痕の種類

ニキビ痕は強い炎症を伴うニキビから生じることが多く、黒ずみ、赤み、固くなってしまった状態、クレーター状態など様々な種類があります。

黒ずみのあるニキビ痕

ニキビ痕の黒ずみは、炎症を伴うニキビを治療した後にできるのが特徴で、皮膚科学的には炎症後色素沈着と言います。 黒ずみになったニキビ痕は治療をしなくても半年ほどで治っていくのが普通ですが、クリニックで治療を受ければ通常よりも早く治す事が可能です。

赤みのあるニキビ痕

炎症を伴うニキビの治療後、毛穴に炎症が残っている状態が赤みのあるニキビ痕です。炎症が完全に収まっていないので赤みを帯びたニキビ痕が残ってしまうのです。
肌内部の炎症が和らぐとともにニキビ痕も改善されていきますが、治療せず放置していては治りにくく、そのままニキビ痕が残ってしまう事もあります。

クレーター状態

ニキビ痕のクレーターは「ローリング型」「アイスピック型」「ボックスカー型」と、大きく3つのタイプに分けられます。

くぼみが出来るメカニズムは3種類で異なりますので、それぞれに適した治療を行わなくてはなりません。 クレーター状態のニキビ痕は特に治りにくいと言われていますが、クリニックで処置すれば改善は十分に期待できます。クレーター状のニキビ痕が出来たらなるべく早く治療を受ける事が大切です。

ニキビ痕を残さないケア方法

通常、ニキビ痕は時間が経つにつれ自然に治っていくものですが、手で触ったり潰したりするとニキビ痕が治らず残ってしまうことがあります。 ニキビ痕を残さないためにはお肌を清潔に保ち、適切なケアをしなくてはなりません。

・セルフケア

ニキビを自分で力任せに潰してしまうとニキビ痕が残る可能性が高くなってしまいますので、ニキビをご自宅でケアする場合、肌のターンオーバーを改善することが大切です。

スキンケア

肌が乾燥するとニキビが悪化する事もありますので、洗顔後は化粧水や乳液でしっかりと保湿する事が大切です。また、ニキビを治すために洗浄力の強い洗顔料を利用するとかえってニキビの炎症が悪化してしまう場合もあるため注意が必要です。ニキビ用石鹸や敏感肌用石鹸を用いて朝と夕方の1日2回、優しく洗うようにしてください。

市販のニキビ治療薬について

通院せずにご自分でニキビを治そうとお考えの方は市販のニキビ治療薬を使う事があるかと思います。効果のある薬もあるため一概には言えないのですが、市販のニキビ治療薬は明確に効果があるものはほとんど無いため、あまりお勧めはしません。

ノンコメドジェニックの化粧品を使用する

化粧品は少なからずお肌にダメージを与えてしまいますので、ニキビ治療を考えると「ノンコメドジェニック」というニキビが出来にくい化粧品を使用すると良いでしょう。 その他ですと、あまり油分を含まない化粧品を選ぶのが良いと言われています。

・クリニックでのケア

ニキビ痕を残さないようにニキビを治すなら、皮膚科や美容皮膚科での治療が最も適切な方法です。ニキビの症状は人それぞれ異なりますし、ご自分でケアをした場合にはニキビ痕が残るリスクが伴う事は避けられません。 どうしてもニキビ痕を残したくないのであれば、医師の診断のもとクリニックでのケアをするのが良いでしょう。 医学に基づく治療方法はご自分でケアをするよりも確かな効果が期待できますし、美容皮膚科であればニキビ治療に加えて美肌を育む治療方法もあり、美容面での効果も期待できます。

監修医師紹介

院長
花房 火月(ハナフサ ヒヅキ)
経歴
  • 平成18年3月  東京大学医学部医学科卒
  • 平成18年4月  癌研究会有明病院(初期研修医)
  • 平成19年4月  東京大学医学部附属病院(初期研修医)
  • 平成20年4月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(専門研修医)
  • 平成20年7月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(助教)
  • 平成20年12月  NTT東日本関東病院皮膚科(医員)
  • 平成22年7月  東京厚生年金病院皮膚科(レジデント)
  • 平成23年7月  三鷹はなふさ皮膚科開設
医師紹介へ

その他の記事

レチノールの効果と使い方は?使用時の注意点についても解説

美肌ケアに興味がある方の中には、「レチノール」について耳にしたことがある人もいるかもしれません。レチノールはエイジングケア効果で注…

【皮膚科医が教える】おすすめのニキビの治し方!即効性がある方法はある?

ニキビができて困っていませんか?特に顔にできたニキビは人目につきやすいので、ニキビができると悩んでしまう人も多いでしょう。ニキビを…

毛嚢炎を早く治す方法はある?原因と対処方法を解説!

毛嚢炎を早く治す方法はある?原因と対処方法を解説! ムダ毛処理をすると、患部が赤く腫れて、ヒリヒリと痛くなることがあります。これは…

日焼けはニキビの大敵!紫外線が及ぼす影響やメイクのポイントを解説

「夏になるとニキビが増える」「ニキビ肌に使える日焼け止めは?」といった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。 夏場の強い紫…

オイリー肌(脂性肌)は改善できる?皮膚科医が改善策や治療について解説!

オイリー肌はニキビや毛穴の黒ずみ、化粧崩れなどの美容上の悩みを抱えやすい肌質です。日ごろから肌質について気になっている方の中には、…

そばかすを自分で消す方法はある?皮膚科でおすすめの治療法も紹介

そばかすが気になっている人の中には、セルフケアで消したいと考えている人もいるのではないでしょうか?自分でそばかすが消せるのか気にな…