閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram
美容コラム
Column
TOP / 美容コラム / ニキビ跡治療、ダーマペンとポテンツァの違いとは?ダウンタイムや効果について解説
2022年01月26日

ニキビ跡治療、ダーマペンとポテンツァの違いとは?ダウンタイムや効果について解説

みなさんは、ニキビ跡の代表的な治療方法をご存じでしょうか。

一般的によく挙げられるのは、ダーマペン、ポテンツァ、フラクショナルレーザーです。 なかでも、ダーマペンとポテンツァはマイクロニードル治療と呼ばれる、肌に極細針で穴を開けてターンオーバーを促進させる治療方法です。 今回は、同じマイクロニードル治療のダーマペンとポテンツァが具体的どのような治療なのか、費用やダウンタイム、効果に違いはあるのかなど解説いたします。

また、フラクショナルレーザーについても最後にお話しするので、ぜひ最後までご覧ください。

ダーマペンとポテンツァの違いについて

まずは、治療方法や効果、ダウンタイムや費用についてどのように違うか解説します。

治療方法の違い

ダーマペンとポテンツァはどちらも複数ある微細な針を使用したマイクロニードル治療と呼ばれるもので、原理は同じですが、それぞれ治療方法は異なります。 ダーマペンの治療方法は、初めに成長因子を肌に塗り、その後、針で肌表面に穴を開けながら塗布した成長因子を浸透させます。肌に穴を開けることで真皮層に微細な損傷が起き、損傷を修復しようとする肌本来の作用によって表皮細胞や線維芽細胞、コラーゲンなどの肌細胞が活性化されます。その働きによって、ツヤとハリのある新しいお肌へ生まれ変わります。

対してポテンツァの治療方法は、皮膚の表面を火傷させずに直接RF(ラジオ波)による熱刺激を真皮層へ与えて収縮させつつ皮膚構造の再構築を促します。 さらに、「ドラッグデリバリー」という仕組みによって、薬剤を均等に注入できるので治療効果を高めることも可能です。そのため、マイクロニードル療法とRF療法をどちらも兼ね備えた治療といえます。

効果の違い

ダーマペンとポテンツァはどちらもクレーターや毛穴、シワや妊娠線にも効果がありますが、原理的にはポテンツァの方が効果は高いといえます。 そのためポテンツァは前述のお悩み以外に、ダーマペンでは効果が得られにくい大きなニキビや広範囲にわたるニキビ跡に対しても有効であり、肝斑やたるみ、傷跡や火傷といった幅広い肌悩みにも効果を発揮します。

痛みやダウンタイムの違い

ダーマペンやポテンツァは針の深さによって痛みが異なります。チクチクした痛みやヒリヒリした痛みが生じる可能性はありますが、針の深さを医師が患者様の状況に合わせて調整することや、事前に麻酔クリームを塗布するため、ある程度痛みを抑えられます。

また、ポテンツァに関しては、針の深さ以外にも、針を刺すスピードの調整も可能です。さらに皮膚を吸引しながら針を刺す構造になっているため、同じ針の深さで治療するのであれば、ダーマペンよりポテンツァの方が痛みを抑えられます。

ダウンタイムはどちらの治療にも大きな差はなく、数日間の赤みや腫れ、まれに1~2週間程度の内出血が発生します。化粧は翌日から行えますが、治療後1週間は肌のバリア機能が低下し乾燥しやすくなりますので、化粧水やアフターケアはしっかり行いましょう。 また、日焼けをしてしまうと色素沈着を起こす可能性もありますので、紫外線対策も徹底して行いましょう。

治療回数と費用の違い

ダーマペンの場合、ニキビ跡の完治が目的であれば6回を目安に治療を進めていきます。当院のダーマペンの費用は下記のとおりです。

ダーマペン:両ほほ + こめかみ + 鼻
1回 6回コース
44,000円(税込) 220,000円(税込)
ダーマペン:全顔
1回 6回コース
66,000円(税込) 330,000円(税込)

ポテンツァの場合は4回を目安に治療を行っていきます。当院のポテンツァの費用は下記のとおりです。

ポテンツァ:両ほほ + こめかみ + 鼻
1回 4回コース
110,000(税込) 352,000円(税込)
ポテンツァ:全顔
1回 4回コース
148,500(税込) 467,500円(税込)

ダーマペンもポテンツァも2回以上治療を繰り返す場合、4週間は治療間隔を開けるようにご案内しています。 上記のとおりニキビ跡を目的とした場合、治療回数はポテンツァの方が少ないですが、1回あたりの費用で考えるとポテンツァよりダーマペンの方が気軽に始められます。

レーザーによるニキビ跡治療「フラクショナルレーザー」との違いとは?

もうひとつの代表的なニキビ跡治療であるフラクショナルレーザーは、その名のとおりレーザーによる治療です。点状にレーザーを照射することで、皮膚が大きな火傷になることを予防しつつ強い刺激を与え、皮膚の再生を促します。手術を除くともっともニキビ跡に効果がある治療方法です。他にも妊娠線や手術瘢痕など、傷跡が目立つ場所に対しても有効です。

レーザーを使用した治療ということで気になる痛みですが、ダーマペンやポテンツァと比較すると痛みを感じやすく、麻酔クリームの使用や当院ではアイスパックで冷やしながら治療をするなど、なるべく痛みに配慮した治療を行なっております。しかし、そのなかでも涙をにじませる患者様もいらっしゃいます。

また、ダウンタイムは長く、皮膚のカサブタが数日~1週間、赤みは数週間〜数ヶ月続く可能性があります。

痛みやダウンタイムを考慮すると、ある程度の覚悟は必要な治療ですが、当院では「炭酸ガスフラクショナルレーザーCORE2」という日本の厚労省から承認を受けている安全性の高い機器を使用しているため、高い効果を実感したい患者様にはぜひご検討いただきたい治療方法です。

ニキビ跡を治療するならどれがおすすめ?

いかがでしたでしょうか、今回はニキビ跡治療で代表的なダーマペンとポテンツァについて比較と、フラクショナルレーザーについてもご紹介しました。 何を基準に決めればいいのかわからないという方には、「効果・ダウンタイム・安全性」の観点でバランスの良いポテンツァがおすすめです。 費用が気になるという方にはダーマペン、より高い効果を実感したい方にはフラクショナルレーザーをおすすめします。

ただし、ニキビ跡の状況によって実際にできる治療方法が異なる場合もありますので、気になる方はぜひ一度、クリニックに相談してみてください。

ポテンツァの詳細はこちら

ダーマペンの詳細はこちら

フラクショナルレーザーの詳細はこちら

監修医師紹介

院長
花房 火月(ハナフサ ヒヅキ)
経歴
  • 平成18年3月  東京大学医学部医学科卒
  • 平成18年4月  癌研究会有明病院(初期研修医)
  • 平成19年4月  東京大学医学部附属病院(初期研修医)
  • 平成20年4月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(専門研修医)
  • 平成20年7月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(助教)
  • 平成20年12月  NTT東日本関東病院皮膚科(医員)
  • 平成22年7月  東京厚生年金病院皮膚科(レジデント)
  • 平成23年7月  三鷹はなふさ皮膚科開設
医師紹介へ

その他の記事

ウルトラフォーマーⅢは効果の実感なし?向いている人や他のHIFU機器との違いを解説

ウルトラファーマーⅢはHIFUを用いた最新の治療器です。たるみやシワ、ほうれい線などへの効果が期待できます。その反面、「効果を実感…

アクアピーリングとは治療?毛穴への効果やケミカルピーリングとの違いについても解説

アクアピーリングは、ニキビによる黒ずみや毛穴の開き、肌のくすみ、しわなどに効果のある治療方法です。とくに毛穴を改善したい人にはおす…

ニキビ跡は消せる?自宅できるケアのポイント

ニキビの炎症は治まったのにニキビ跡になってしまった…こんな悩みを抱えていませんか?ニキビの経過によっては、肌への刺激やダメージが蓄…

ニキビ跡の治療方法をご紹介!治療期間についても解説!

ニキビ跡は、ニキビよりも治りにくくて厄介ですよね。しかし、ニキビ跡は治療による改善ができます。このコラムでは、ニキビ跡の治療方法や…

老人性色素斑を消す方法はある?原因や治療方法、似ている症状について解説

皆さんは、老人性色素斑という症状をご存じでしょうか。 耳馴染みない言葉に感じるかもしれませんが、老人性色素斑とはシミの代表格となる…

ドクターズコスメとは?市販化粧品との違いやおすすめのドクターズコスメをご紹介

皆さんは、ドクターズコスメに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。 「名前的に効果がありそう」「皮膚がぽろぽろ剥ける」「SN…