閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram
美容コラム
Column
TOP / 美容コラム / 秋の肌トラブルは意外と多い!?秋の肌荒れの原因とケア方法について
2020年10月29日

秋の肌トラブルは意外と多い!?秋の肌荒れの原因とケア方法について

大気が乾燥してくる秋は、肌トラブルが多くなると言われていますよね。 「秋の肌トラブルには要注意」とはよく聞く言葉ですが、それは何故なのでしょうか? 今回は秋の肌トラブルの原因とケア方法を分かりやすくご説明していきます。

秋は肌トラブルが増える?

「秋は1年で1番肌荒れする季節」、「秋でも保湿すれば肌トラブルは起きない」など…秋の肌トラブルに対しては、人によって抱くイメージが異なります。 世間的には「秋は肌トラブルが増える季節」と言われていますが、果たして本当なのでしょうか?

結論から言いますと、秋は肌トラブルがかなり増える季節と言えます。 秋に肌トラブルが増える原因や対策方法などの詳細は次でご説明していきます。

秋の肌トラブルの原因

秋の肌トラブルが起きやすい方

秋の肌トラブルが起きやすい方は、以下のような方です。

  • 夏に紫外線を多く浴びた方
  • お肌が乾燥しやすい方
  • ダニや花粉アレルギーの方

秋の肌トラブルの原因は大きく分けると「紫外線」、「花粉」、「乾燥」、「ダニ」がありますので、上記に当てはまる方は、特に秋の肌トラブルに注意が必要です。

紫外線

夏に紫外線を多く浴びて肌は紫外線ダメージを負っていますので、その影響で秋になるとシミができやすくなります。

紫外線は波長の長い方からUVA、UVB、UVCに分けられていますが、地上に届く紫外線はUVAとUVBです。

UVAは波長が長いので肌の奥深くまで到達し、真皮のコラーゲンやエラスチンを損傷させます。お肌のハリを保つ役割のコラーゲン、弾力のある肌をつくるエラスチンが減少すると、しわ、たるみができやすくなります。

一方、UVBは波長が短いため主に皮膚の表面に強くダメージを与え、シミができる原因となります。

UVAは年中を通じて比較的照射量が多く、UVBは夏に照射量が多い特徴がありますので、UVBを多く浴びた夏が終わって秋になるとシミが目立ってくるのです。

花粉

秋にはブタクサやヨモギなどの花粉によって皮膚炎(花粉皮膚炎と言います)が生じやすくなります。 花粉を触った部分の皮膚に皮膚炎が生じる「アレルギー性接触皮膚炎」や、空中の花粉類との接触で皮膚炎が生じる「空気伝播性接触皮膚炎」、「アトピー性皮膚炎の悪化」などもありますので、病院で血液検査を行い、肌トラブルの原因を調べる必要があるでしょう。

乾燥

秋が深まるにつれ空気が乾燥するため、お肌も乾燥に傾き肌トラブルが増加します。 肌が乾燥すると皮膚のターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能も低下するため、痒み、湿疹、肌荒れに伴うシミ、しわ、ニキビなど様々な肌トラブルを引き起こしやすくなります。

ダニ

意外と知られていませんが、秋はダニによる肌トラブルが増える季節でもあります。 ダニの繫殖期は梅雨や夏で、秋に死んでいくサイクルをとっています。そのため、秋はダニの死骸にアレルギー反応を起こして肌が痒くなりやすいのです。

秋の肌トラブルの対策方法

紫外線による肌トラブルの対策

紫外線による肌トラブル対策で重要なのは、夏になるべく紫外線を浴びないことです。 夏はUVBの照射量が多くシミができやすいため、日傘や帽子、日焼け止めクリームなどを使ってしっかりと紫外線対策してください。

紫外線ケアを怠ってシミができそうな場合には、なるべく早く飲み薬や付け薬などでシミケアをすることが大切です。気になる方は、シミができる前に皮膚科を受診するようにしましょう。

花粉による肌トラブルの対策

花粉皮膚炎の場合は、花粉を極力避けることが第一の対策となります。 外出から帰宅したら衣類の花粉を落としたり、洗顔で花粉を落としたりしてください。 また、保湿して肌を良い状態に保つことも大切です。

場合によっては、医師や薬剤師に相談のうえ抗ヒスタミン薬を内服しても良いでしょう。

乾燥による肌トラブルの対策

乾燥すると肌トラブルが生じやすくなりますので、保湿をして対策することが重要です。 秋は肌が乾燥しやすい季節なので、夏と同じ保湿剤を使うのではなく、保湿効果が高い保湿剤に切り替えましょう。 保湿を重視する方は、医療機関などで販売されているドクターズコスメを試すのもオススメです。

ドクターズコスメの詳細はこちら

ダニによる肌トラブルの対策

花粉と同様に、ダニによる肌トラブル対策は極力ダニを避けることが重要です。 ただ、ダニは住環境に無数にいて完全に除去することは不可能ですので、なるべくダニを減らすことが対策となります。

ダニ対策の方法には、以下のようなものがあります。

  • 床、布団に掃除機をかける
  • こまめに布団を干す
  • 抗ダニシーツを使用する
  • ベッドにぬいぐるみを置かない
  • こまめにシーツを交換する
  • ソファーのクッションカバーを洗濯する
  • こまめに換気する
  • 肌を保湿してダニの死骸が直接肌に接触しないようにする

個人で原因を特定するのは難しい

前述した通り、秋の肌トラブルの原因は大きく分けると「紫外線」、「花粉」、「乾燥」、「ダニ」の4つになります。

これらの原因を個人で特定するのは非常に困難なため、まずは血液検査で肌トラブルの原因を調べるべきでしょう。 例えば、血液検査でハウスダストやダニに強く反応している場合には、部屋の掃除やシーツ交換などによって症状が改善することもあります。

当クリニック“はなふさ皮膚科”では、皮膚疾患の治療に際して特異的IgE測定検査(採血)、金属パッチテストなどのアレルギー検査を行っております。気になる方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。

クリニックでの治療方法

秋の肌トラブルに関しては個人で原因を特定することは困難ですので、症状が改善しない場合にはクリニックを受診することが大切です。

当クリニック“はなふさ皮膚科”では、紫外線や乾燥による肌トラブルは視診問診で判断し、アレルギーを疑った場合は血液検査を行っております。 花粉やダニが肌トラブルの原因となっている場合は採血のアレルギー検査にて判明可能ですので、アレルギー反応が出たら原因を除去し、ステロイド外用薬、抗アレルギー内服薬などで治療を進めていきます。

ステロイド外用薬

ステロイド外用薬には皮膚の炎症を抑える作用があり、花粉やダニなどアトピー性皮膚炎の炎症を鎮静するためにも用いられます。

ただ、皮膚への副作用もあるためステロイド外用薬は5段階に分類されています。 血液検査の結果はアレルギーのレベルがクラス0−6で表示され、6に近いほどアレルギーが強くなりますので、アレルギーレベルに応じたステロイド外用薬を塗布します。

フォトフェイシャル

紫外線によるシミに対して有効なのが、フォト治療です。 当クリニックで使用しているICON(アイコン)は最新型のIPL治療器で、シミやしわ、赤みなどに高い治療効果が期待できます。

シミだけでなく肌全体を若返らせることができますので、当クリニックでも人気の治療法となっております。

フォト治療の詳細はこちら

監修医師紹介

院長
花房 火月(ハナフサ ヒヅキ)
経歴
  • 平成18年3月  東京大学医学部医学科卒
  • 平成18年4月  癌研究会有明病院(初期研修医)
  • 平成19年4月  東京大学医学部附属病院(初期研修医)
  • 平成20年4月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(専門研修医)
  • 平成20年7月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(助教)
  • 平成20年12月  NTT東日本関東病院皮膚科(医員)
  • 平成22年7月  東京厚生年金病院皮膚科(レジデント)
  • 平成23年7月  三鷹はなふさ皮膚科開設
医師紹介へ

その他の記事

レチノールの効果と使い方は?使用時の注意点についても解説

美肌ケアに興味がある方の中には、「レチノール」について耳にしたことがある人もいるかもしれません。レチノールはエイジングケア効果で注…

【皮膚科医が教える】おすすめのニキビの治し方!即効性がある方法はある?

ニキビができて困っていませんか?特に顔にできたニキビは人目につきやすいので、ニキビができると悩んでしまう人も多いでしょう。ニキビを…

毛嚢炎を早く治す方法はある?原因と対処方法を解説!

毛嚢炎を早く治す方法はある?原因と対処方法を解説! ムダ毛処理をすると、患部が赤く腫れて、ヒリヒリと痛くなることがあります。これは…

日焼けはニキビの大敵!紫外線が及ぼす影響やメイクのポイントを解説

「夏になるとニキビが増える」「ニキビ肌に使える日焼け止めは?」といった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。 夏場の強い紫…

オイリー肌(脂性肌)は改善できる?皮膚科医が改善策や治療について解説!

オイリー肌はニキビや毛穴の黒ずみ、化粧崩れなどの美容上の悩みを抱えやすい肌質です。日ごろから肌質について気になっている方の中には、…

そばかすを自分で消す方法はある?皮膚科でおすすめの治療法も紹介

そばかすが気になっている人の中には、セルフケアで消したいと考えている人もいるのではないでしょうか?自分でそばかすが消せるのか気にな…