閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram
美容コラム
Column
TOP / 美容コラム / 目元のシワの原因は?予防や対策について
2020年02月05日

目元のシワの原因は?予防や対策について

歳を重ねるにつれ目元のシワに悩みを抱える女性は増えていく傾向にあります。 女性はいくつになっても美しくありたいもの。美しさを保つためにも、目立ってしまう目元のシワをなくしたいと思うのが普通ですよね。 今回は多くの女性を悩ませる「目元のシワ」ができる原因や予防方法、クリニックで受けられるお手軽な治療方法をご紹介します。

目元のシワの原因は?

目じりのシワの原因

目じりのシワは笑って表情筋が過剰に働くことによってできる「表情ジワ」の代表です。表情筋によってできたシワが次第に固定化されていくことで目じりにシワができてしまいます。 また、乾燥や肌のターンオーバーの乱れ、加齢や紫外線なども目じりにシワをつくる原因と考えられています。 目の周りには皮脂腺がほとんどなく、皮膚も薄いため乾燥しやすく、シワができやすい部分なのです。

まぶたのシワの原因

まぶたにシワができるのは、眼輪筋の絶え間ない収縮に、加齢によって肌の弾力やハリの衰えが加わることでシワが固定されることが原因です。 上まぶた、下まぶたは念入りにお化粧をする方が多いので、ダメージを負いやすい部位でもあるのです。

目頭のシワの原因

目頭のシワは乾燥、化粧などによる刺激、紫外線、ハリや弾力の衰えなどが原因です。 目頭までしっかりアイラインをひいたりアイシャドウをのせて化粧をするのは女性の楽しみでもありますが、化粧品による刺激や紫外線、乾燥などは肌にダメージを与えます。 ハリや弾力が失われていき、目頭に小じわ、くっきりしたシワができやすくなってしまいます。

目元シワの予防方法は?

しっかりメイクオフする

目元は皮膚が薄いため、化粧品に含まれる成分が肌に大きな負担になることも。最近は目元専用のリムーバーもありますので、そういったアイテムを用いて目元をケアするのもお勧めです。 お肌への負担を抑えるためにも毎日落とし忘れがないようにメイクオフし、できる限りメイクをしない時間を増やしましょう。 お休みで外に出ない日にはメイクをしないで過ごすなど、肌をいたわってあげることが大切です。

紫外線対策をする

美意識が高い女性はきちんとオールシーズン紫外線対策をしているかと思いますが、目の周りまで紫外線対策をしている方は意外にも少ないのではないでしょうか? 目の周りは皮膚が薄くて紫外線によるダメージを受けやすいため、日焼け止めや帽子、サングラスなどを用いた紫外線対策が必要です。 目の周りの紫外線対策はシワ予防だけでなく白内障などの病気の予防にもなりますので、ぜひ実践してください。

保湿する

乾燥は目元のシワをつくる原因となりますので、シワ予防には保湿が必須と言えます。 保湿力が高い化粧水や乳液、美容液などの基礎化粧品を使用するほか、空気が乾燥しやすい時期には加湿器で湿度を高くするなどの気遣いが大切です。 将来的に皮膚科・美容皮膚科での治療を受けず、日々のスキンケアで綺麗な肌を保ちたいとお考えの方は保湿力に優れたドクターズコスメを試してみるのも良いでしょう。

生活習慣を改善する

シワを作らないためにはご自身の生活習慣を見直し、改善することが大切です。 寝不足や過度なストレス、運動不足や無理なダイエットなどはお肌のターンオーバーが乱れる原因です。ターンオーバーが乱れるとシワだけでなく肌荒れや乾燥、ニキビなど様々な肌トラブルの原因となりますので、生活習慣の改善を意識しながら過ごしてみてくださいね。 生活習慣の改善は美容面のほか健康面にも良い影響を与え、肌本来の健やかな美しさを取り戻すことができます。

美容クリニックでの治療方法

美容クリニックでのシワ・たるみ治療は大きく分けて「手術療法」と「非手術療法」の2つがあるのですが、一般的に手術療法は傷跡が残るリスクがあるため、多くの方はリスクが少ない「非手術療法」を選択する傾向にあります。 今回は非手術療法のなかでもお手軽で、即効性がある2つの治療方法をご紹介します。

ヒアルロン酸注入

目尻や目頭、まぶたのシワに沿ってヒアルロン酸を注入し、シワを改善する治療方法です。 シワのくぼみをヒアルロン酸で膨らませる治療内容となっていますので、治療後にはほぼ確実にシワ改善効果が実感できるでしょう。 目元のシワを改善する治療方法としてヒアルロン酸注入は非常に人気ですが、ヒアルロン酸注入をした方のなかには「不自然な仕上がりになった」と不満に思う方もいらっしゃいます。ヒアルロン酸注入は施術者の技術力が仕上がりを左右しますので、自然な仕上がりにしたい方は慎重に医療機関を選ぶことが重要です。 なお、目尻のシワなどの表情ジワに関しては、ヒアルロン酸注入よりもボトックス注射の方が優れている場合があります。

ヒアルロン酸注入の詳細はこちら

ボトックス注射

ボトックス注射は筋肉の過緊張を和らげる治療方法です。筋肉の過緊張が原因で生じる目尻のシワなどの表情ジワにボトックスを注射すると、皮膚の内側からシワが改善されていきます。 ボトックス注射は注入する薬剤の量や注射の打ち方によって仕上がりが左右される点に注意しましょう。ボトックス注射もヒアルロン酸注入と同様に、ボトックス治療の実績が豊富な医療機関を選ぶことが大切です。 カウンセリング時にボトックス注射をした後のイメージを確認できる医療機関ですと、さらに安心感があります。

ボトックス注射の詳細はこちら

しわ・たるみ治療は様々な種類にあわせて対策を施すことが大切です。当院では医師が患者様のお肌の症状にあわせてヒアルロン酸、ボトックス、レーザーリフトアップなどの治療法をご提案します。

監修医師紹介

院長
花房 火月(ハナフサ ヒヅキ)
経歴
  • 平成18年3月  東京大学医学部医学科卒
  • 平成18年4月  癌研究会有明病院(初期研修医)
  • 平成19年4月  東京大学医学部附属病院(初期研修医)
  • 平成20年4月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(専門研修医)
  • 平成20年7月  東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線
    レーザー科(助教)
  • 平成20年12月  NTT東日本関東病院皮膚科(医員)
  • 平成22年7月  東京厚生年金病院皮膚科(レジデント)
  • 平成23年7月  三鷹はなふさ皮膚科開設
医師紹介へ

その他の記事

レチノールの効果と使い方は?使用時の注意点についても解説

美肌ケアに興味がある方の中には、「レチノール」について耳にしたことがある人もいるかもしれません。レチノールはエイジングケア効果で注…

【皮膚科医が教える】おすすめのニキビの治し方!即効性がある方法はある?

ニキビができて困っていませんか?特に顔にできたニキビは人目につきやすいので、ニキビができると悩んでしまう人も多いでしょう。ニキビを…

毛嚢炎を早く治す方法はある?原因と対処方法を解説!

毛嚢炎を早く治す方法はある?原因と対処方法を解説! ムダ毛処理をすると、患部が赤く腫れて、ヒリヒリと痛くなることがあります。これは…

日焼けはニキビの大敵!紫外線が及ぼす影響やメイクのポイントを解説

「夏になるとニキビが増える」「ニキビ肌に使える日焼け止めは?」といった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。 夏場の強い紫…

オイリー肌(脂性肌)は改善できる?皮膚科医が改善策や治療について解説!

オイリー肌はニキビや毛穴の黒ずみ、化粧崩れなどの美容上の悩みを抱えやすい肌質です。日ごろから肌質について気になっている方の中には、…

そばかすを自分で消す方法はある?皮膚科でおすすめの治療法も紹介

そばかすが気になっている人の中には、セルフケアで消したいと考えている人もいるのではないでしょうか?自分でそばかすが消せるのか気にな…