閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ヒゲ脱毛とは

Beard-Removal
対応医院
三鷹院
新座院
国分寺院
久我山院
志木院
TOP / 医療レーザー脱毛 / ヒゲ脱毛とは

ヒゲ脱毛とは

ヒゲ脱毛は、男性のヒゲをレーザーを使って脱毛する行為のことで年々、選択する人が増えている施術です。
元々、レーザー脱毛は女性のムダ毛に対して行われることが多かったのですが、徐々に男性にも適応されることが増えてきました。
最も多いのが『ヒゲの脱毛』です。

ヒゲとは、文化的に男らしさの症状と考えられたこともあります。また、国によっては、そのような文化があるところもあります。

日本においては、現在、ヒゲを蓄えるという習慣がやや少なくなり、むしろヒゲを剃らなければいけないという時間のロスと、ヒゲ剃りによる肌荒れといったデメリットの方が意識されるようになっています。そのような方に、ヒゲ脱毛が支持されるようになってきています。
ヒゲの形をデザインする、または、量をコントロールするという意味でヒゲ脱毛を行う人も増えています。例えば、頬のあたりだけ脱毛する、首だけ脱毛するといったことも可能です。

多くの男性においては、ヒゲを脱毛することで見た目の若々しさに関しても改善が期待できる可能性が高いと思われます。

当院では、安全に、より確実にヒゲ脱毛が行えるように最新の設備とスタッフのトレーニングを行なっております。

ヒゲ脱毛のメリット

  • 毎日の髭剃りが楽になる
  • 髭剃りに時間が取られなくなる
  • 髭剃りによる肌あれがなくなる
  • 見た目が若々しくなることが期待できる
  • 髭剃りによる肌荒れを予防できる
  • 肌のトーンが明るくなり、健康的に見える

ヒゲ脱毛の注意点

男性のヒゲを作る毛包は、例えば手足や脇など毛包とくらべて大きく太く深くまであるため、強力なレーザーを照射する必要があります。強力な、レーザーというのは医療機関でしか認められていませんので、必ず医療機関から選ぶといいでしょう。

ヒゲ脱毛の部位と料金

おすすめのコース
メニュー 料金
鼻下、口下、顎 5回コース 107,800円(税込)

部位
部位 価格
(1回あたり)
価格
(5回コース)
6回以降
1回料金

ひげ(鼻下)

11,000円 44,000円 5,500円

口下

11,000円 44,000円 5,500円

あご

13,200円 52,800円 6,600円

16,500円 66,000円 8,250円

もみあげ

16,500円 66,000円 8,250円

16,500円 66,000円 8,250円

全顔

44,000円 176,000円 22,000円

※すべて税込み価格です。

ヒゲ脱毛のメカニズム

レーザー脱毛というのは、レーザーを照射することで、皮膚の下にある毛の根元の部分にレーザーを反応させ、そこで熱を発生させます。その熱により毛乳頭(※)やバルジ領域(※)を破壊することで、毛の再生機能を破壊し永久脱毛に至ります。

ヒゲ脱毛で使うレーザーの種類

当院では

  • ・IPL
  • ・アレキサンドライトレーザー
  • ・Nd:YAGレーザー
  • ・ダイオードレーザー
  • ・蓄熱式レーザー

などを使用し、安全にスピーディーにヒゲ脱毛を行なっています。
それぞれのレーザーには特徴があり、一概にどれが優れているというわけではありません。

一般的によく使われるのはアレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトレーザーは、もちろん優れたレーザーなのですが、それだけで男性のヒゲ脱毛を終わらせることは難しいでしょう。
なぜなら、アレキサンドライトレーザーはメラニンとの選択性が強く、かつ皮膚の表面に吸収されやすいため皮膚の表面のメラニンとも強く反応してしまいます。(その性質を利用してアレキサンドライトレーザーはシミのレーザー治療でも使われることが多いです。)あまり出力を高くすると、皮膚のメラニンで多量の熱が発生し、熱傷となってしまうわけです。すなわち、ヒゲの太くて深い毛包に十分なダメージを与える前に、皮膚の方が火傷になってしまう、というわけです。

そのためヒゲ脱毛には

  • ・Nd:YAGレーザー
  • ・ダイオードレーザー

などのレーザーを併用する必要があります。これらのレーザー(特にNd:YAGレーザー)はアレキサンドライトレーザーよりも深部で吸収される性質があり、熱傷になりにくく、ヒゲ脱毛に適したレーザーと言えるでしょう。
当院では、全ての医院でアレキサンドライトレーザー以外にもNd:YAGレーザーもしくはダイオードレーザーを使えるようになっています。

また最後の蓄熱式レーザーですが、蓄熱式レーザー脱毛機は波長やダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどのレーザーを弱めの出力で1秒間に10発程度照射し、毛包にじわっと熱を蓄えさせます。それにより、バルジ領域と呼ばれる毛包幹細胞が存在する領域にダメージを与えることで脱毛効果を発揮する機械です。痛みが少なくスピーディーに脱毛できることから現在注目されているレーザーです。
ヒゲ脱毛においてもその効果が期待されています。

クーリングシステムについて

レーザー脱毛機にはクーリングシステムが備え付けられているのが普通です。
クーリングシステムの目的としては

  • ・痛みの緩和
  • ・熱傷の予防

ということになります。
皮膚を冷やすことで痛みを感じにくする作用があることは、よく知られています。
例えば手がかじかんでいるときは、痛みを感じにくいことをイメージしていただくといいでしょう。
熱傷の予防とは、脱毛レーザーを当てることで、皮膚のメラニンで発生した熱により皮膚の温度が上がりすぎるのを予防し、熱傷を防ぐということです。毛包は通常、皮膚のメラニンのある層(基底層)よりも深いところにありますので、理想的には、基底層までは冷やし、毛包は冷やさない、ということになります。それに関して手動で調整することは難しく、コンピューターで制御された優れた機械を使うことになります。

ヒゲ脱毛の副作用

上記のメカニズムのため、ヒゲ脱毛には

  • ・火傷
  • ・ニキビ
  • ・痛み

などの副作用が起こる可能性があります。

火傷

レーザーは毛以外にも、黒い色には反応しやすい性質があります。そのためメラニンが多く含まれる皮膚にも反応し、火傷になる可能性があります。特に照射部位に色素沈着がある方はその皮膚で熱が発生しやすいため、火傷になるリスクがあります。またヒゲ脱毛の前にきちんと剃毛(ヒゲ剃り)が十分でないと皮膚の表面の毛で高い熱が発生することで、火傷になるリスクがそれなりに高くなります。

火傷は重度の火傷になることは少なく、1週間程度でよくなることが多いのですが、その後しばらく色素沈着が起こることがあるでしょう。

対策としては、レーザーの波長の選択や出力、パルス幅の調整が重要になります。また術前にしっかりと、剃毛しておくことも重要です。

ニキビ

レーザー脱毛は毛包周囲を熱損傷させ毛の再生機能を消失させる治療法ですので、毛穴に炎症が起こるため、原理的にどうしてもニキビが起こりやすくなります。毛穴に炎症が起こり、正常な免疫機能が起こらなくなること、毛穴に炎症が起こり皮脂などの通過が悪くなることが原因と考えられます。

予防としては、術前にきちんとニキビ治療を行なっておく、術前に消毒を徹底する、治療後も抗菌薬クリームを1週間程度使用するということが効果的です。

痛み

ヒゲ脱毛は、通常のレーザー脱毛よりも高い出力でレーザーを照射する上、顔という敏感な部位に照射しますので、痛みが問題となることが多いです。そのため、当院ではご希望の方には、エムラクリームという麻酔のクリームを使用し、なるべく痛みを和らげるようにします。

もともと肌が荒れているけどヒゲ脱毛ができるか?

できれば、肌荒れを治してからヒゲ脱毛を行った方がいいでしょう。当院では、保険診療も行なっていますので、肌が荒れている方はまず保険診療で、肌のコンディションをよくしてからヒゲ脱毛を受けるといいでしょう。
問題は、普段のヒゲ剃りで肌が荒れている方です。ヒゲ剃りをすれば、皮膚の表面の角質も削ぎ落としてしまうことになりますので、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。また、毛穴を痛めてニキビの原因になることもあります。カミソリそのものに菌が繁殖していることもあり、その場合はそれにより毛包炎が多数見られることにあります。
ヒゲ剃りが原因で肌荒れが起こっている場合は(カミソリに菌が繁殖してる場合を除いて、)ヒゲ剃りそのものをやめないと、なかなか改善することは難しく、実際的には肌が荒れている状態でもレーザー脱毛を行うことが多いです。レーザー脱毛を行うと皮膚や毛穴に炎症が起こるもしくは、炎症を悪化させるので、一時的に症状が悪化しやすいのですが、適切に治療するとすぐに落ち着ます。その後、ヒゲが減ったことによるメリットが出てきます。
そのため当院では、ヒゲ剃りが原因で肌が荒れている場合は、完全に肌荒れが治らなくても、ヒゲ脱毛を先行することをオススメしています。

よくある質問

何回くらい治療すればいいですか?

どこまで薄くしたいかにもよりますが、通常5−6回施術を行なっていただければ十分ご満足いただけることが多いです。完全にヒゲをなくすためにはさらに治療が必要でしょう。

一部を残してヒゲ脱毛を行うことはできますか?

はい、可能です。一部残してヒゲをデザインすることが可能です。

アトピー性皮膚炎があるのですがヒゲ脱毛を行えますか?

アトピーの程度にもよります。アトピーが重度な場合は先にアトピーの治療を行った方がいいでしょう。ある程度の改善した地点でヒゲ脱毛を行えます。完全に治るまで待つ必要はありません。

痛みが心配ですが

ヒゲ脱毛は特に治療初期のうちは痛みを感じることが多いです。そのためエムラクリームと呼ばれる麻酔クリームを使用するといいでしょう。

ヒゲを全て脱毛してしまうと後で後悔しそうで心配です。

ここ数年、米国の男性でヒゲを伸ばすのが一部で流行っており、ヒゲ脱毛をしたことを後悔した男性もいるようです。しかし今のところ日本人でヒゲ脱毛をして後悔したという話を聞いていませんのでご安心ください。

脱毛部位

ご希望の部位の料金については、
下記メニューからご確認ください。

※細かな境界線や範囲については、初回カウンセリング時に診断いたします。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。