閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ステラM22

stellaM22
対応医院
国分寺院
久我山院
TOP / ステラM22

ステラM22(フォト治療)について

肌に強い光を当て、シミやニキビ跡を治療するフォト治療です。IPLと呼ばれる帯状の光を当てることにより火傷リスクを軽減し、シミやそばかすなど複数の症状を同時に治療できることが大きなメリットです。IPL治療という呼び方もしますが、同じ意味だと思っていただいてかまいません。

ステラM22とは

ステラM22とはLumenis社から発売されたIPL治療用機器(フォト治療の機器)であり、Lumenis社のM22という機器の改良版に該当します。

今までよりも広い治療範囲を持ち安全性が高いとして、2021年2月に日本で薬事承認されました。効果と安全性はお墨付きです。

詳細は後述のとおりですが、ステラM22は患者様一人ひとりに合わせた「オーダーメイド治療」が可能です。
今までの治療に満足できなかった方はぜひお試しください。

M22からステラM22への改良点

薄いシミにも有効

フォト治療では治療内容によって使用する波長が異なり、例えば短い波長は薄いシミに、長い波長は肝斑や赤ら顔など患部が深い症状に用いられます。

シミやニキビ跡など、肌悩みによって効果を示す光の波長が異なるため、メインとなる肌悩みに適した波長が最も強く照射されるよう「フィルタ」を用いて照射を行います。

例えば薄いシミやそばかすには515nmのフィルタ、酒さや赤ら顔の治療には590nmのフィルタなど、治療したい病変によって有効な波長は異なります。

いままでのM22では515nmのフィルタがなく、ぼんやりとしたシミや薄いシミに効果がありませんでした。
しかしステラM22では515nm以下をカットするフィルタが追加され、「くすみのない肌」が実現できるようになったのですりました。
また波長域が広いため、この機械1つで薄いシミから濃いシミ、血管病変までマルチに治療することが可能です。(薬事未承認を含めると9フィルタ使用可能)

酒さ・赤ら顔にも有効

フォト治療では、「波長」「光の強さ」「照射時間」の3つの要素があり、出力をあげると「光の強さ」ではなく「照射時間」が長くなり火傷のリスクとなります。

このような火傷リスク軽減のために、1回の照射エネルギーを複数回に分割して照射します。
その場合段階的にエネルギーが弱くなることが一般的ですが、ステラM22の前身であるM22ではOPT(Optimal Pulse Technology:1回の照射を分割して照射できる技術)を搭載し、光の強さ・照射時間を均一にすることが可能となりました。

OPTによって瞬間的に同じ強さで照射できるようになり、治療効率はかなり改善しました。
しかし酒さや赤ら顔などの血管病変は深さや色調にばらつきがあります。そのため、光の強さや照射時間が一定だと、まだまだ効果が不十分なのです。

ステラM22ではOPTに加えて新しくAOPT(Advanced OPT)というシステムが搭載されました。
これは分割した光の強さや時間を個々で設定できるシステムであり、1回の照射の中で異なる色調・異なる深度への照射が可能になりました。

肌トラブルは複数の色が混在してできています。段階的に光の強さを強めたり、症状の進行具合に合わせて強さと照射時間を変えられるようになったことで、あらゆる色調の病変にも随時対応できるようになりました。

フィルタの選択肢が多いこと・AOPTを搭載していることから、今までと比較にならないほど照射方法の組み合わせが多くなりました。
患者様一人ひとりに合わせた「オーダーメイド治療」が可能なのです。
今までのフォト治療で効果を感じられなかった方は、ぜひはなふさ医院にご相談ください。

火傷リスク・痛みが低下(コンタクトクーリング)

フォト治療は肌に光を当てる治療法であるため、やけどのリスクが常に伴います。
ステラM22は照射面にサファイアガラスを使用しており、直接肌に触れさせながら照射します。
そのため肌を冷却しながら照射を行うことができ、やけどリスク・痛みを軽減させることが可能です。

フォト治療の副反応

フォト治療は皮膚に強い光を当てるため、赤みや水疱などいずれも同じような副反応が起こります。
ステラM22はコンタクトクーリングの働きにより副反応が出にくい機器ではありますが、依然リスクはあります。
どの副反応も数日~10日で改善しますが、ひどい場合は医師にご連絡ください。

皮膚の乾燥

施術後、一時的な皮膚の乾燥が発生する可能性があります。このケースでは、ホームケアとして十分な保湿を行うように心掛けましょう。

むくみ

フォト治療では強い光を当てるため、一時的に腫れたり、一部分だけむくんだりする可能性があります。むくみのために、一時的に毛穴が目立つ場合もあります。

【改善方法】
照射後冷やしたり安静にすることで改善します。水分摂取も忘れずにおこなってください。

赤み

赤みは最も多く発現する副反応です。内出血や、熱感を伴う場合も多くあります。
数日たっても真っ赤なまま、または赤黒くなるなど改善が見られなければ受診してください。

【改善方法】
基本的には時間が経てば改善します。気になる場合、または熱感がある場合は患部を冷やしましょう。

やけど・水疱

赤みと見間違えやすい副反応です。
患部が赤く痒い・水膨れがある場合、ひっかいてしまうと傷になり、炎症後色素沈着を起こしてしまいます。ひっかかないよう注意しましょう。

【改善方法】
かゆみ・水疱がある場合は受診してください。ない場合はよく冷やしましょう。

痂皮化

「かひか」といい、いわゆるかさぶたのことです。
照射後、シミ部分に小さなかさぶたができることがありますが、不要な皮膚が固まったものと思ってください。

【改善方法】
自然と剥がれ落ちるまで触らないようにしましょう。かさぶたの下にある皮膚が完成していないと色素沈着のリスクになります。

日焼けは厳禁

フォト治療後の副反応を誘発する一番の原因は、「紫外線」です。
フォト治療だけでは問題なかったものの、その後に紫外線を浴びてしまったためにシミがひどくなるケースは多く存在します。

紫外線カットは副反応の予防以外に、治療効率の底上げの目的もあります。せっかく治療しているのに、新しくシミができ続けていたら困りますよね。

フォト治療後は必ず日焼け止めを塗って帰宅し、日常的に紫外線から肌を守りましょう。
また、日常的に紫外線暴露を避けるよう、日焼け止め・日傘の多用を心がけてください。

よくある質問

レーザー治療と何が違うの?

レーザー治療は単一の波長を照射しますが、フォト治療は複数波長を同時に照射します。
輪郭がはっきりしている濃いシミやほくろなどはQスイッチ、顔全体のトーンアップや皺・毛穴などが気になる場合はレーザーフェイシャル・フォト治療をおすすめします。

レーザーフェイシャルとフォト治療は、気になる症状の種類等によって推奨の程度が異なります。
はなふさ医院ではどちらの施術も行っておりますので、ぜひご相談ください。

ダウンタイムはどのくらいですか?

赤みや刺激感がなくなり、普段の生活を送れるようになるまでの期間をダウンタイムと言います。
フォト治療はいずれもほぼダウンタイムはありません。特にステラM22はコンタクトクーリングを搭載しているため、照射後すぐにメイクをすることも可能です。

また、同日にできる治療とできない治療があります。
エステや運動、脱毛などはなふさ医院以外で何らかの施術を受けている場合、間隔については医師にご相談ください。

すぐにメイクして大丈夫?

大丈夫です。
照射後は日焼け止めを塗布してから帰宅することをおすすめします。

何回くらい照射すると改善するの?

治療したい症状にもよりますが、大体6回~12回程度が目安です。

治療間隔はどのくらい?

酒さ・赤ら顔の場合、2週間に1回程度です。
シミの場合は濃さにもよりますが、4週間に1回程度です。

痛みはあるの?麻酔は必要?

ゴムではじかれたような痛みを感じることもありますが、痛みはかなり抑えられている印象です。麻酔の必要はありません。
痛みが強ければ出力を抑えますので、施術者にお申し出ください。

ステラM22が使用できない人ってどんな人?

ステラM22に特有の制限は特にありません。
フォト治療全体がおすすめできない人の特徴として、

  • 著しく日焼けしている
  • 妊娠中
  • 感染症を疑われる
  • 刺青

などいくつか項目があります。
ただし、絶対にできないわけではなく治療可否は医師が判断いたします。
受診の際は、ご自身の体調・使っている薬・指摘された疾患について漏れのないよう医師に申告してください。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。