閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ミルバソゲル

mirvasogel
TOP / 酒さ(赤ら顔) / ミルバソゲル

酒さとは

酒さとは、顔面の毛細血管が拡張することによって起こる、所謂「赤ら顔」を指します。30~50代の人に好発し、特に肌の色が薄い白人によく見られる疾患です。(「肌の色が濃い人種でも生じているが、気付かれていないだけ」という説もあります)

酒さは進行性かつ慢性の疾患であり、進行度によって以下のような症状の変化が見られます。

酒さの症状

1期:紅斑毛細血管拡張型

・鼻の先端部・眉間・頬・顎などに赤みが見られる。
・初期の赤みはすぐに消失するが、徐々に持続・広がりが見られる。
・痒み・ほてりなどを感じることもある。

2期:丘疹膿疱型

・1度の症状に加え、ニキビ様の症状(毛穴の広がり・膿)が現れる。
・症状が顔全体に広がることもある。

3期:腫瘤型

・2度の丘疹が結合し、凸凹としたしこりができる。
・特に鼻に発生すると、鼻全体が赤紫色の団子鼻(鼻瘤)となる。

4期:眼型

・目の周囲が腫れる。
・結膜炎や角膜炎を併発することもある。

酒さはニキビや毛細血管拡張症と似ている為、年齢や膿疱周辺の赤みや痒みの有無で総合的に診断を行います。

診断以外にも、完治の判断が困難であることも特徴の一つです。毛細血管は日常的に新しく作られることがありますので、新しい血管が拡張することによって再発することもあります。その為長い時間をかけて日常的に治療を行うことが必要な疾患であるとも言えます。

酒さの原因は判明していません。ただし、顔面の毛細血管拡張を促すような以下の要因により悪化する可能性が示されています。

  • ・特定の食品
  • ・アルコール
  • ・熱い飲みもの
  • ・日光
  • ・極端な気温変化や風
  • ・化粧品

また、酒さを引き起こす可能性のある生活習慣として以下が挙げられています。

  • ・香辛料の効いた食品
  • ・日光
  • ・日焼け止めや化粧品による刺激
  • ・精神的ストレス
  • ・極端な気温変化や風
  • ・熱いお風呂

酒さについて詳しくはこちら

酒さ治療薬”ミルバソゲル”とは

ミルバソゲルはブリモニジンを主成分とする、ゲル状の塗り薬です。日本ではまだ酒さへの使用が承認されておらず、クリニックで自費購入する医薬品です。ただし、米国においては紅斑毛細血管拡張型酒さの第一選択薬として承認されており、有効性・安全性も確認されています。

 

どの治療方法も同様ですが、ミルバソゲルは酒さを根治させる薬ではありません。薬の効果が切れると赤みが戻ってしまいます。数日塗布しなくても赤みが再発しなかった、という報告もありますが、まだはっきりとしたデータが出揃っていない状況です。

ミルバソゲルの薬効・薬理

主成分「ブリモニジン」はα2受容体作動薬という分類に属します。α2受容体は脳内や血管にあり、自律神経系の働きを司ります。

ブリモニジンが脳内のα2受容体を刺激すると血管が拡張し血圧が下がりますが、皮膚などの毛細血管にあるα2受容体を刺激すると、逆に血管が収縮します。

酒さでは顔面の毛細血管が拡張し赤みが発生している為、ブリモニジンを塗布することで一次的に血管を収縮させ赤みを抑えることができるのです。一次的とは言っても、ブリモニジンの効果持続時間は最大12時間程と長めです。

他の治療方法との違い

酒さの治療では以下の方法が一般的です。

  • ・(1期の酒さに対して)レーザー治療・フォトフェイシャル・ポテンツァ
  • ・(2期以上の酒さに対して)抗菌剤の内服
  • ・(2期以上の酒さに対して)抗菌剤の塗り薬
  •  1期の酒さでは丘疹や膿疱が見られないため、抗菌剤の内服・塗り薬はほぼ効果がありません。

    レーザー治療やフォトフェイシャル・ポテンツァの詳細はこちらをご覧ください。

  • フォト治療について

    ポテンツァについて

フォトフェイシャルやポテンツァは酒さの赤みに有効であり、ミルバソゲルと違い数時間で効果が切れることはありません。しかし治療を恒常的に続けるため、金額がデメリットとなり得ることも事実です。

対してミルバソゲルは効果が一次的であるという側面はあるものの、比較的安価かつ使用方法が簡便です。

どの進行度においてもこの治療方法が絶対的に良い、という治療方法はありませんので、価格を考慮しつつ進行度によってベストな治療方法を選択することをおすすめします。

また抗菌剤の塗り薬+ミルバソゲル、のように各治療方法を組み合わせることもございます。お悩みの方はぜひ、はなふさ医院にご相談ください。

ミルバソゲルの使用方法

洗顔とスキンケアのあと、1日1回塗布します。使い始めの1週間は米粒の半分くらいの量を塗布してください。1日の最大使用量は真珠大くらいのクリームをそれぞれ額・鼻・両頬・顎へ延ばした量が目安です。

ミルバソゲルが乾燥した後であれば、日焼け止めや化粧品の塗布が可能です。

ミルバソゲルの使用上の注意

  • ・使用初日は自宅で反応を観察してください。翌日以降は反応をみつつ、徐々に量を増やしてください。
  • ・保湿クリームを塗布してからミルバソゲルを塗布すると、効果を和らげることが可能です。
  • ・1日2回以上の使用はお控えください。
  • ・酒さ治療中の方には、日常的な日焼け止めの使用をおすすめします。
  • ・他の塗り薬を併用する際は、順番次第でミルバソゲルの効果が変動する可能性があります。必ずミルバソゲルの処方医にご相談ください。
  • ・他の病院を受診する際、医師または薬剤師にミルバソゲルを使用していることを必ずお伝えください。
  • ・周囲に同じ症状でお悩みの方がいた場合、医師の診察なしで使用した場合症状が悪化したり副作用が起こったりと大変危険です。医師の診察なしでの使用は絶対にお控えください。
  • ・ミルバソゲルは3度~24度程度の涼しく乾燥した場所で保管してください。

使用できない方

  • ・18歳未満
  • ・授乳中
  • ・抗うつ薬服用中
  • ・ヒドロキシ安息香酸メチル、プロピレングリコール、ブリモニジンに対してアレルギーのある方
  • ・炎症部位への塗布(レーザー治療・脱毛を含む)

※使用している薬(内服・外用問わない)がある場合、ミルバソゲルの効果に影響する場合があります。使用している薬がある場合、または薬を使用していなくても指摘された疾患がある場合は必ず医師にお伝えください。

ミルバソゲルの副作用

ミルバソゲルを使用中、皮膚の発赤・痒み・赤み・灼熱感などが出る場合があります。このような症状は数時間で改善するため、不快感が強い場合ステロイドの塗り薬やアレルギーの飲み薬・局所冷却・解熱鎮痛薬などで対応します。

副作用のうち発赤の初期対応はいずれも上記の通りです。ただ以降の対応が異なりますので発赤が出た際は医師にお伝えください。

  • ・発赤が出るまで3~6時間の場合:逆説的反応
  • →保湿クリームを塗布してからミルバソゲルを塗布、またはミルバソゲルの減量
  • ・発赤が出るまで10~12時間の場合:リバウンド
  • →一過性でありそのまま継続
  • ・発赤が出るまで3~4か月の場合:接触皮膚炎
  • →中止またはパッチテスト実施

その他稀な副作用として、皮膚の不快感・刺激・痛み・乾燥肌・口渇・瞼の腫れ・頭痛・インフルエンザや風邪のような症状(発熱・関節の痛み・咽頭痛)・鼻づまり・眩暈・皮膚の腫れ・蕁麻疹・浮腫・低血圧・心拍低下などがあります。

これらが発現した場合、ミルバソゲルに対するアレルギーや効きすぎてしまった可能性があります。放置しても改善しませんので、早めに医師に連絡してください。

ミルバソゲルの料金

メニュー 料金(税込)
10ℊ 7,700円

まとめ

ミルバソゲルを継続使用した場合、血管収縮が習慣となって恒常的に赤みが抑えられる、という報告もありますがはっきりとしたデータはありません。

酒さに限らずどの疾患も同様ですが、治療方法はいずれも一長一短です。その人に合った治療方法を選択するためには、詳細な自覚症状や生活習慣を医師に伝えていただくことが一番の近道です。当院には経験豊富な医師が揃っておりますので、ぜひご相談ください。