閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

敏感肌の方の脱毛について

対応医院
三鷹院
新座院
国分寺院
久我山院
志木院
大宮院
朝霞台院
池袋院
TOP / 医療レーザー脱毛 / 敏感肌の方の脱毛について

敏感肌の方の脱毛について

敏感肌の方はレーザー脱毛をしていいのかどうかお悩みの方は多いでしょう。
敏感肌の場合、レーザー脱毛で肌を傷めてしまうのでないか、とかレーザー脱毛で副作用が出やすいのではないかと心配している方も多いようです。
ここでは敏感肌の方のムダ毛の脱毛について述べたいと思います。

敏感肌とは

敏感肌というのは正式な医療用語ではなく、肌が湿疹などの炎症が起こりやすい、痒くなりやすい、ヒリヒリしやすい、化粧品で荒れやすいと言った自覚症状が特徴です。
もともと幼少期にアトピーを持っていた、肌が乾燥しやすい、花粉症などのアレルギーを持っている方はより敏感肌になりやすいです。皮膚の強さ、弱さ(脆弱性)というのはある程度、体質的に決まっていますので、皮膚の脆弱性をお持ちの方が、敏感肌になりやすいのかもしれません。
また肌のこすりすぎる、洗剤で洗いすぎる、刺激の強い化粧品をよくつけている、という習慣をお持ちの方は皮膚のバリア機能を低下させ、敏感肌になりやすくなる、と言えるでしょう。食生活の乱れや睡眠不足、長期間にわたる強いストレスも敏感肌の原因になり得ます。

自己脱毛について

敏感肌をお持ちの方も代表的な自己脱毛の方法であるカミソリを使った脱毛や、ワックスを使った脱毛を行っている方が多いと思います。これらの方法は、バリア機能を低下し、さらに皮膚が敏感になってしまう可能性があります。

カミソリを使った脱毛

カミソリを使った立つ脱毛では、カミソリで皮膚をスライドするたびに角質をそぎ落とすことになります。角質ケアなどが流行っていますので、角質を削ぎ落とした方が、肌が綺麗になると思っている方も多いかもしれませんね。ただ実は角質は肌のバリア機能を保つために極めて大きな働きをしているのです。その角質を数日に一度、カミソリでシェーブする場合、かなり丁寧に行わないと、肌に負担になるでしょう。不適切な方法でカミソリを使ったシェーブをした場合、徐々にバリア機能が低下してくる場合もありますので、いずれ湿疹に至ってしまう可能性があります。湿疹を繰り返していれば、色素沈着や苔癬化(皮膚がゴワゴワになること)の原因となります。
またもし乱暴にカミソリで処理をすると毛根を傷つけて、毛嚢炎になるリスクもあるでしょう。カミソリの脱毛を長期間、定期的に行うというのは上記理由から敏感肌を悪化させ、さらに湿疹、毛嚢炎、色素沈着を悪化させるリスクとなるでしょう。

ワックスを使った脱毛

ワックスを使った脱毛は特殊なワックスを脱毛したい部分に塗り、乾いたところでワックスを一気に剥がし、ムダ毛を抜き取る方法です。この方法は永久脱毛ではありません。ムダ毛を抜き取るだけなので、毛はまた生えてきます。そのため脱毛を繰り返す必要があります。それとは別の問題として、ワックスで毛を抜き取るという方法はかなり乱暴な方法で、毛根が一時的にダメージを負うことは避けられないでしょう。その後きちんとケアしないと毛嚢炎になるリスクがあります。毛嚢炎を繰り返していると色素沈着のリスクにもなりえます。

またワックスを剥がすときにムダ毛だけでなく、角質も剥がしてしまうと考えられます。肌にテープを貼り、それを剥がすことをイメージしていただくとわかりやすいと思います。その結果、一時的に皮膚のバリア機能が低下しますので、敏感肌が悪化する可能性があります。

上記の理由から敏感肌の方には向かない方法といえるでしょう。

敏感肌の方のレーザー脱毛について

レーザー脱毛はメラニンに反応しやすいレーザーを照射することで、毛穴の中でレーザーとムダ毛が反応し、熱を発生させます。その熱が毛乳頭に損傷を与え、毛乳頭を破壊し、永久脱毛に至ります。毛で発生した熱が間接的に毛乳頭を焼くことで永久脱毛に至るわけですから、毛と毛乳頭が接している時でないと効果が発揮しません。毛と毛乳頭が接しているのは成長期の毛だけですので、成長期の毛以外には効果がありません。成長期の毛がどれくらいあるかは部位によって大きく異なっています。

エステでは毛乳頭を完全に破壊しする行為が禁止されていますので、毛乳頭にダメージを与え、一時的に減毛を促す、という治療が行われています。エステ脱毛は出力を高くすると違法となりますので、ある意味でギリギリのグレーゾーンで治療を行なっていると言えるでしょう。そのため、肌のトラブルを極力嫌います。トラブルが起こればすぐにその出力や施術内容が明らかになり、場合によっては公的機関から指導が行われるかもしれないからです。そのため、トラブルになるリスクの高い敏感肌の方は断られやすいのです。

これらのことから敏感肌だからレーザー脱毛ができない、と考えている人もいるようですが、実は逆で敏感肌の方こそきちんとした医療機関でレーザー脱毛をするべき、と考えています。
なぜなら自己脱毛を行った場合は、上記の理由により敏感肌がかえって悪化しやすいからです。自己脱毛をそれほど問題なくできている人でも毛量が減っていくわけでもないので、ずっと自己脱毛を続けていくことになります。 そうすればいずれは皮膚のトラブルになりうるわけです。

レーザー脱毛も全くリスクのない治療法ではありません。敏感肌の方では一時的に肌が赤くなる、ヒリヒリする、一時的な炎症が起こると言ったリスクはあるでしょう。なぜなら、レーザー脱毛のレーザーはメラニンと反応するものですので、肌にも多少のダメージを与えるからです。しかし医療機関(特に皮膚科)であればレーザー脱毛によるトラブルに関しては比較的簡単に解決することができますし、一旦、レーザー脱毛を完了してしまえば、その後は脱毛のことは考えなくていい、というメリットがあります。

レーザー脱毛の副作用

レーザー脱毛では一般的に以下のようなリスクがあります。

  • ・熱傷(やけど)
  • ・毛嚢炎
  • ・一時的な皮膚の赤み、ヒリヒリ感

熱傷や毛嚢炎と言った副作用は稀であれうえ、敏感肌の方で特に副作用が起こりやすいということはないでしょう。
特に‘一時的的な皮膚の赤み、ヒリヒリ感’は敏感肌の方では起こりやすいかもしれません。しかし、医療機関でしたらこれらの副作用が起こってもすぐに対応できますし、ほとんどの場合、後にならずに完全に治療を終了させることが可能です。何度かレーザー脱毛を行えば、ダメージの大きい自己脱毛を行う必要がなくなりますので、敏感肌も改善してくる可能性があります。

上記の点から、敏感肌の方も、医療レーザー脱毛は可能で、脱毛を定期的に行なっているのであれば、むしろ医療レーザー脱毛を行うべき、と言えるでしょう。

皮膚疾患がある場合のレーザー脱毛について

敏感肌より深刻な肌トラブルを抱えている場合のレーザー脱毛についても述べておきたいと思います。

  • ・アトピー
  • ・皮脂欠乏性湿疹
  • ・ニキビ

が相談の多い代表的な皮膚疾患です。

アトピー・皮脂欠乏性湿疹

アトピー、皮脂欠乏性湿疹と言った活動性の皮膚の炎症がある場合は、レーザー脱毛を行うと、それらの皮膚炎が増悪するのは明らかなので避けたほうがいいでしょう。ステロイドや保湿剤による治療で、一旦、湿疹を完全に良くしてからレーザー脱毛を行うといいでしょう。

またアトピーや湿疹が治った後に色素沈着ができてしまった場合、そこにレーザーを当てていいのか、という問題が起こります。程度にもよりますが、色素沈着が起こった部位にレーザー脱毛を当てるというのは好ましくないでしょう。何度か説明したと通り、レーザー脱毛で使用するレーザーはメラニンと反応しやすいレーザーのため、皮膚に色素沈着があると、そこで熱が発生し、やけどの原因になり得ます。もしやけどにならないとしても、皮膚のメラニンでレーザーが吸収されてしまうため、毛根に十分なレーザーが到達せず、レーザー脱毛も不十分になる可能性があります。ですのでもし湿疹が原因で色素沈着になった場合は、ある程度色素沈着がうすくなってから治療を行うといいでしょう。

色素沈着は、特に治療を行わなくても半年から1年でうすくなっていきます。もし早く色素沈着を薄くしたい場合は、ハイドロキノンやビタミンCを含む外用薬を塗布してもいいでしょう。

ニキビ

次にニキビがある場合に脱毛をしてもいいか、というテーマですが、レーザー脱毛で使われるレーザー光は、ニキビに対しては一長一短、というのがいうことができるでしょう。
例えば医療レーザー脱毛でしばしば使われるYAGレーザーはニキビ菌に対する殺菌効果や抗炎症効果から実際にニキビの治療でも使われることもあります。しかし、脱毛で使われる場合は同じYAGレーザーでも出力やパルス幅が異なりますので、ニキビにどの程度効果があるかは不明です。レーザーを当てることで炎症が惹起し、ニキビが一時的に悪化する可能性もあります。
極めてレーザー治療に熟練した医師が慎重にレーザー治療を行えば、レーザー脱毛とニキビ治療の一石二鳥を狙えるでしょうが、実際のところはかなり困難と言えるでしょう。

上記の理由によりニキビをお持ちの方も、脱毛をしたい部位にニキビがあればまずニキビをある程度治療してから、レーザー脱毛を行うことをお勧めしたいと思います。幸い通常のニキビであれば1−2ヶ月治療を行えば、十分にレーザー脱毛に耐えるコンディションに持っていくことが可能です。

アトピー、湿疹の場合も同様ですが、皮膚の病気を治し、コンディションを整えてから、レーザー脱毛を行い、万が一副作用が起こった場合も即座に適切に対応できるのでは皮膚科のクリニックだけです。

まとめ

敏感肌をお持ちの方もレーザー脱毛は可能で、定期的に脱毛をするのであれば医療機関でのレーザー脱毛を一番にオススメしたいと思います。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。