閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ゼビアックス(オゼノキサシン)

zebiax
TOP / にきび / ゼビアックス(オゼノキサシン)

ゼビアックス(オゼノキサシン)とは

キノロン系の合成化合物であるオゼノキサシンを有効成分として含有する外用抗菌薬が、ゼビアックスローション・油性クリームです。この治療薬は、ニキビやとびひなどの原因となる細菌を阻害することにより、殺菌作用を現すことで知られています。

ゼビアックスの適応

お肌に直接塗布するゼビアックスローション・油性クリームは、赤ニキビの改善を期待できる治療薬です。具体的には、ニキビや皮膚潰瘍・とびひやびらんなどの治療にも有効であるとされており、大変多くの方に活用されています。
具体的なゼビアックスの種類には、ローションタイプのものと油性クリームの2つの種類が存在します。基本的には、表在性皮脂感染症や化膿性の炎症を伴うざ瘡などに使用されます。
ローションタイプは粘性があり垂れにくく、油性クリームタイプはしっとりとしていて軟膏に近いものとなっています。塗布は1日1回と手間のかからない治療薬であることも、大きな魅力となっています。キノロン系の外用抗菌薬として機能するゼビアックスローション・油性クリームは、アクアチムクリームやナジフロキサシンなどにも該当するものです。

ゼビアックスの作用機序

ゼビアックスローション・油性クリームは、例えばダラシンTなどに含有されているクリンダマイシンよりも、MIC値が低いことで知られています。MIC値とは、細菌を阻害可能な最小濃度のことであり、このMIC値が低ければ低いほどに、ごく僅かな量での殺菌効果を期待できるのです。このような内容から、ゼビアックスローション・油性クリームがいかに他のニキビ治療薬よりもさらに高い効果を期待できるのかということが、よくお分かりいただけるのではないでしょうか。

ゼビアックスの効果

 ゼビアックスローション・油性クリームは、赤ニキビやあらゆる肌トラブルに対して、改善効果を期待できる治療薬です。表在性皮膚感染症や化膿性皮膚感染症などへの改善効果を期待できるだけでなく、アクネ菌やブドウ球菌などの細菌を阻害することで、殺菌効果も示します。
アクネ菌はニキビに対し、ブドウ球菌は表在性皮膚感染症に対しトラブルを引き起こす元凶となります。ゼビアックスローション・油性クリームを使用すると、これらの症状を改善させる高い効果を期待できます。抗菌活性に優れており、アクアチムクリームと同等の効果を望めるでしょう。また塗布は1日1回で済むため、洗顔し何度も塗り直すような手間も不要となっています。スキンケアやメイクは、まずゼビアックスローション・油性クリームを塗った後に行います。

ゼビアックスの副作用

ゼビアックスローション・油性クリームの副作用として、かゆみや皮膚の乾燥・使用部位の刺激感などが報告されています。これらの副作用を実際に発症した際には、すみやかに医師に相談を行い、医師の指示に従うようにしてください。医師の指示により、薬の変更などの判断がなされます。

また、妊娠中野方や授乳中の方などのゼビアックスローション・油性クリームの使用は、推奨されていません。この理由には、胎児や乳児に影響を与える恐れが懸念されていることが挙げられます。この他、お子様や持病・アレルギー疾患をお持ちの方は、皮膚科への初診の段階で、医師にまずその旨相談を行うことが求められます。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。