閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ルリッド(ロキシスロマイシン)

rulid
TOP / にきび / ルリッド(ロキシスロマイシン)

ルリッドとは

赤くなったニキビや化膿しているニキビに有効な抗菌薬です。

ルリッドの適応

【表在性皮膚感染症】かみそり負け、傷
【深在性皮膚感染症】せつ、よう
【化膿性炎症を伴うざ瘡】ニキビ
ルリッドは赤くなったニキビ・化膿しているニキビに有効です。ですが、炎症を起こしていないニキビにはあまり効果がありません。
また、パッと見ニキビに見える「せつ・よう」にも有効です。

ルリッドの作用機序

ニキビを誘発するアクネ菌も生物である以上、生存するにはタンパク質が必要です。菌は体内でタンパク質を生成し、増殖・分裂を繰り返すことで勢力を拡大します。
 ルリッドはアクネ菌内でのタンパク質の合成を妨げることで、効率的にアクネ菌の増殖を防ぎ抗菌効果を示します。

ルリッドの効果

ルリッドは創薬時、アクネ菌によるざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)において71.9%の被験者に対し有効性を確認しています。有効性・安全性が高いため処方頻度の高い薬です。ただし、肝臓が著しく衰えている人は安全性が下がります。処方時、肝臓の機能について医師に申告するようにしましょう。

ルリッドは1日2回服用します。また、妊娠中・授乳中でも安全性が高いことで知られています。ただ、少量ですが授乳中へ移行することが確認されており、授乳のタイミングをずらすことができればそれがベストです。

抗菌剤すべてに言えることですが、長期的に抗菌剤を使っていると、抗菌剤に耐性を持つ菌が出現し、抗菌剤が効きにくくなることがあります。耐性菌の発生を防ぐため医師の指示通り服用することが必須です。

特にルリッドは【マクロライド系】と呼ばれる分類に属します。マクロライド系の抗菌剤はニキビ以外にも膀胱炎や肺炎、副鼻腔炎にも効果を発揮するため、マクロライド系の抗菌剤が効かなくなると他の疾患も含め治療方針が大きく変わります。 抗菌剤への耐性を獲得させないためにも、医師の指示をしっかりと守ることが重要です。

ルリッドは一部の片頭痛薬を服用していると使用できません。市販の薬に含まれている可能性が捨てきれないため、「たまに飲む薬がある」という人は必ず薬剤師に相談しましょう。また、市販の胃腸薬・整腸薬・頭痛薬・総合感冒剤等に含まれることがある、「ケイ酸アルミニウム」も一緒に飲むことができないので注意が必要です。その他、一部の喘息治療薬・血液をサラサラにする薬・心臓に作用する薬を飲んでいる場合も薬の効果が変動します。
「たまに飲む薬がある」「ルリッドを数週間服用する」という方は、薬剤師に相談して「市販の薬で飲んでいい薬はどれか」を確認するようにしましょう。

ルリッドの副作用

どの抗菌剤も同様ですが、腹痛や下痢・吐き気・食欲不振が多く起こります。これは抗菌剤によって腸内細菌のバランスが壊されるためです。とくにルリッドは腸内の動きを高める作用があるため、下痢などの副作用が起こりやすいお薬です。症状が軽微であれば問題ありませんが、食事摂取に影響が出る程に重症である場合は薬の中断が必要です。
そのほか発疹・ひどい倦怠感・視界が黄色っぽくなるなどの症状が起こった場合は、アレルギーや肝機能低下の可能性があるのですぐに受診しましょう。
稀に、頭痛やしびれ・むくみなどの症状も出ることがあります。「飲み過ぎた」「脱水気味」など他に思い当たる節がない場合、受診してください。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。