閉じる
ご相談・ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

ダラシン

Dalacin
TOP / にきび / ダラシン

ダラシンとは

ダラシンTゲルは無色透明の半固形状の粘り気のある塗り薬です。アメリカの製薬会社ファイザーが開発した薬で、現在は佐藤製薬株式会社が薬の製造販売をしています。

ダラシンの適応

ダラシンTゲルは抗生物質のひとつであるクリンダマイシンの作用がある外用薬です。ニキビというとアクネ菌が直接の原因のイメージがありますが、実際には皮脂や汚れで毛穴が詰まることがきっかけに起こります。毛穴が詰まると、毛穴にもともと生息しているアクネ菌が酸素不足により刺激物質を作り、ニキビに炎症が起こります。

いわゆる赤ニキビですが、クリンダマイシンはアクネ菌を殺菌する効果があり、炎症を起こしている赤ニキビの改善に効果があります。また、化膿している黄ニキビは、黄色ブドウ球菌が増殖しやすい環境です。ダラシンTゲルによって導かれるクリダマイシンの殺菌効果により、黄ニキビの炎症を抑えることができます。

ダラシンの作用機序

ダラシンTゲルに含まれているクリンダマイシン リン酸エステルは、体内の水分と反応すると分解されて、抗生物質であるクリンダマイシンとして作用します。クリンダマイシンは、ニキビの悪化の原因となるアクネ菌や表皮ブドウ球菌の増殖を抑える作用があります。

クリダマイシンには、ニキビの悪化の原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐ効果があります。細菌は条件が整えば増殖する生物です。具体的には2つに分裂するときに、DNAの情報をコピーしてたんぱく質を合成します。DNAの役割は遺伝情報の蓄積と保存であるため、直接たんぱく質を合成することはできません。そのため、まずはRNAにDNAの遺伝情報をコピーして、メッセンジャーRNAとしてリボソームという小器官にたどりついてから、たんぱく質の合成が始まります。

リボソームは雪だるまのような形状をしており、小さいユニットには505サブユニットが存在します。少し説明が長くなりましたが、ダラシンTゲルの抗生物質であるクリンダマイシンには、細菌のリボソームの505サブユニットに作用し、たんぱく質の合成を阻害します。

ダラシンの効果

ダラシンTゲルは軽度ニキビから、中等度の炎症性皮疹(赤ニキビ)の改善に効果があります。ダラシンTゲルには抗炎症作用があるので、ニキビが悪化して結節(しこり)や嚢腫がみられた場合、抗生物質と併用することがあります。

国の承認を得るための臨床試験では、炎症をともなうニキビのある患者さんに対して、1日2回(朝夕の洗顔後)に患部に対して4週間ダラシンTゲルを使用したところ、72.5%の有効性が確認されました。これはダラシンTゲルによるニキビの炎症の改善がみられたことを示します。また12週間ダラシンTゲルの使用でも、64.9%の有効性が確認されています。

ダラシンの副作用

医療機関の処方薬は市販薬よりも効果が期待できる反面、副作用のリスクもあります。ダラシンTゲルの主な副作用には皮膚の症状で、かゆみ・発赤・じんましん・刺激感・ヒリヒリした感じ・ツッパリ感などがあります。ダラシンTゲルを使用してこれらの副作用がみられた場合は、医師に相談しましょう。

なおダラシンTゲルの重大な副作用に偽膜性大腸炎があります。抗生物質の投与により、腸内細菌のバランスが変化し、悪玉菌が優位になることで起こります。主な症状には、腹痛・血便をともなう下痢・発熱があります。偽膜性大腸炎は、誤ってダラシンTゲルを飲み込んだときにリスクがあり、通常の使用ではほとんどみられません。腹部の症状がみられた場合は、ダラシンTゲルの使用を直ちに中止して、クリニックに受診してください。

またダラシンTゲルに限らず、抗生物質の薬は長く使用することで、耐性菌が発生することがあります。耐性菌は特定の薬に対して細菌が抵抗力を持ち、薬が効かなくなることをいいます。通常、ダラシンTゲルの使用期間は4週間です。ダラシンTゲルは長期間にわたって使用しないことと、ニキビに対してピンポイントでの使用が適しています。

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。