閉じる
ご予約はこちら
HANAFUSA BEAUTY CLINIC SITE
Youtube Instagram

胸のニキビ、ニキビ跡

chest-acne
TOP / にきび / 胸のニキビ、ニキビ跡

胸のニキビ、ニキビ跡

胸元はニキビができやすい特徴があります。さまざまな要因からニキビ跡になりやすく、早めに治療を受けることが大切です。

胸のニキビの特徴

胸(特にデコルテ)はニキビの好発部位のひとつで、一度ニキビができると治りにくい特徴があります。
ニキビの炎症が進むと色素沈着を起こしたり、皮膚の奥にある真皮にまでダメージが及ぶことで、瘢痕化してニキビ跡になりやすくなります。

肌のターンオーバーは真皮の上の表皮で行われるため、ニキビ跡になると自然に治ることはありません。胸のニキビができやすかったり治りづらかったりする場合は、ニキビ跡になる前に医療機関の皮膚科へ受診しましょう。

胸のニキビの原因

ニキビは医学的には尋常性尋常性ざ瘡と呼ばれる肌のできものです。ニキビは皮膚の角層が厚くなって毛穴が詰まりに加えて、皮脂の分泌過多によりアクネ菌が過剰繁殖することで起こります。
アクネ菌は皮膚の常在菌で、それほど病原性があるわけではないですが、毛穴の中で異常に増えるとニキビを引き起こします。

ニキビの症状には段階があり、毛穴が詰まっている状態を白ニキビ(閉鎖面ぽう)、毛穴の皮脂が酸化し黒くなっている状態を黒ニキビ(開放面ぽう)、毛穴が赤く炎症を起こしている状態を赤ニキビ(紅色丘疹)、さらに炎症が進んで膿が溜まっている状態を黄ニキビ(嚢胞)といいます。

特に、胸のニキビができやすい原因には以下の理由が挙げられます。

皮脂の分泌量が多い

体の中心線にあたる正中線は、発達した皮脂腺の分布が多く皮脂分泌が多くなります。毛穴の出口の角化に加えて、皮脂分泌が増加するとアクネ菌が繁殖して、ニキビを引き起こします。
特に胸のニキビがみられやすいのが男性です。男性ホルモンの分泌が多いと、皮脂腺の活性化により皮脂分泌が亢進するため、ニキビができやすくなります。また皮膚の常在菌による皮脂の分解産物もまた、ニキビの増悪因子になります。

汗がたまりやすい

胸のような体幹分は手足のような末梢部よりも、発汗量が多くなります。額などの汗はハンカチやタオルでこまめに拭く人も多いですが、胸元の汗は人前では拭きにくく、そのまま放置されやすい傾向があります。
汗をかいたまますると角質と混ざり合うことで毛穴に汚れがたまって詰まりやすくなるため、細菌が増殖しやすくなります。またアクネ菌などの皮膚の常在菌は、これらの皮膚の汚れを栄養源にするので増殖しやすくなります。

衣類による蒸れや刺激

胸元は蒸れが生じやすく高温多湿であるため、細菌が増えやすい環境が揃っています。ニキビの原因となるアクネ菌は嫌気性であり、酸素が少ない場所で繁殖する性質があります。
また下着など衣類のこすれが皮膚への刺激となり、毛穴の出口付近で炎症が起こったり角層が厚くなってニキビができやすくなったり、できたニキビが治りにくくなる可能性もあります。

胸のニキビへのセルフケア対策

胸のニキビはできやすい上に治りにくいため、日頃からセルフケアを取り入れるのもおすすめです。自分でできる胸のニキビの対策には以下があります。

皮膚の清潔を保つ

胸のニキビを防ぐために皮膚の衛生に努めましょう。入浴の際には、刺激の少ない洗浄剤で泡で優しく洗うのがポイントです。
ニキビを防ごうとして、ゴシゴシ洗うと皮膚に刺激となったり、肌の健康に必要な分の皮脂や常在菌までなくなるので注意しましょう。

汗をこまめに拭く

汗をそのままにすると、雑菌が繁殖しやすくなるので、こまめにふき取るようにしましょう。女性の方で人前で汗を拭きにくい場合は、着替えを用意したり、胸専用の汗パッドを使うのもよいかもしれません。
胸元の汗対策にベビーパウダーを使用される方もいますが、汗の蒸散を妨げたり、汗を混ざって毛穴を詰まらせたりする恐れがあります。

生活習慣を見直す

心身のストレスが加わると、ニキビができやすくなることがあります。普段からバランスの良い食事で必要な栄養素を取ったり、十分な睡眠を取ったりしましょう。
ニキビの治癒には肌のターンオーバーが重要となります。ニキビの予防やできてしまったニキビを早く治すためにも、規則正しい生活を心がけてみてください。乳製品や甘いものの取りすぎはニキビの原因になりうると考えれれています。

胸のニキビに対して行われる治療

胸のニキビには通常のニキビ治療と同じ方法を行います。ニキビの進行ごとの保険診療は以下になります。

炎症のないニキビの治療

白ニキビや黒ニキビのように炎症のないニキビには、専用の器具で清潔操作によりコメド圧出をしたり、ディフェリンゲルやべピオゲルにより皮膚の角化を防ぎ、ニキビ症状の進行を防いだりします。

炎症のあるニキビの治療

赤ニキビや黄ニキビのように炎症が起きているニキビには、上記の炎症のない時の治療に加え、ニキビ菌の増殖を防ぐために抗菌薬を使用します。ニキビの抗菌薬は塗り薬を使いますが、必要な場合は飲み薬を使う場合もあります。炎症の悪化により嚢腫や硬結がみられる場合は、外科的に切開を行います。

ニキビ治療について

胸のニキビ跡について

胸のニキビの炎症が広がると、皮膚に凹凸や色素沈着などのニキビ跡になることがあります。保険診療ではケロイド以外のニキビ跡の治療を行っていませんが、自由診療にて改善を目指します。

胸のニキビ跡のケロイド化について

デコルテはケロイド化しやすい部位であり、ニキビ跡に盛り上がりができることがあります。傷跡が盛り上がり広がる状態をケロイドといい、傷の治癒過程が遅れ、炎症細胞が集まり、血管や繊維組織がかたまりのようになります。
ニキビ跡がケロイドになるかどうかは体質もありますが、見た目の問題だけでなく、かゆみや痛みの症状も起こったり、放置によりかたまりがさらに成長したりする点です。
胸のニキビ跡がケロイド化した場合は、ステロイドの局所注射を行います。ステロイドには炎症を抑える作用があり、ケロイド化による皮膚の赤みや盛り上がりを改善する効果があります。

ニキビ跡について

胸のニキビと間違いやすい皮膚の病気

セルフケアで胸のニキビがなかなか治らない場合、他の皮膚の病気の可能性があります。胸元のニキビと鑑別が必要な皮膚疾患には以下のものがあります。

汗疹(あせも)

大量の発汗により、汗の排出が妨げられることで起こる発疹です。かゆみのある小さく赤い発疹が特徴です。

マラセチア毛包炎

背中のニキビはアクネ菌ではなく、マラセチア菌が原因であるケースが多くみられます。毛穴と一致した赤い発疹が起こり、症状が進むとかゆみや白い膿がみられるようになります。

アテローム(紛瘤)

皮膚に垢や皮脂が剥がれ落ちずに、皮膚の下に袋状にたまったものです(嚢腫)。毛穴の開口部に黒い点があり、一見すると黒ニキビに似ています。症状が進むにつれて嚢腫が大きくなりしこりとなります。

胸のニキビ治療には当院まで

胸は皮脂腺が発達しているためニキビができやすい部位です。発汗や衣類による摩擦も多く、一度ニキビができると治りにくいのも特徴です。胸のニキビは瘢痕化しやすく、体質によってはケロイド化することもあるので、早めに皮膚科で治療することが大切です。
当院では保険診療と自由診療によるニキビ治療に対応しております。胸のニキビでお悩みの方は、まずはご相談ください。

関連記事

※掲載内容・料金は更新時点での情報の場合がございます。
最新の料金は料金表ページ、内容は各院にお問合せください。