たるみ治療まとめ|三鷹、国分寺、新座、久我山、志木に5院 はなふさ皮膚科・美容皮膚科

たるみ治療まとめ

HOME > たるみ治療まとめ

About たるみ治療まとめ

たるみ治療まとめ

顔のたるみやそれに付随したシワ(法令線、マリオネットなど)の治療には様々な種類があり、どれが良いか、わからずお困りの方も多いと思います。

顔のたるみの治療に関して、様々な治療がありますが、大きく分けて4つの系統に分かれます。
・フェイスリフト手術
・スレッドリフトと呼ばれる糸を使った治療
・ヒアルロン酸注入を使った治療
・レーザーや超音波やラジオ波を使った治療です。
・ボトックスを使った治療

フェイスリフト手術

最も強力な効果がある治療で満足度も高い治療です。ただ、メスを使った手術を行うため、どうしても傷跡ができてします。日本人の場合、傷跡が残りやすい体質の方が多いため、注意が必要です。
また神経損傷のリスク、再びたるみが起こるリスクがあります。

1回100万円~費用がかかり、入院が必要な場合も少なくありません。
誰にでもお勧めできる治療ではありません。
ある程度のリスクを許容できる方にオススメの治療です。当院では今の所、行っておりません

スレッドリフト

特殊な糸により皮膚を引き上げます。
かつては非吸収糸が用いられていましたが、現在では非吸収糸を使うことはほとんどなく、溶ける糸(吸収糸)を使います。
非吸収糸では、
・レントゲンやCTにうつる。
・MRTを取れなくなる。
・金属アレルギーになりやすい。
・肉芽種などの副作用が起こったらどうしようもない
など大きな問題点がたくさんありました。
それに対して現在の吸収糸は極めて安全性が高くなります。

当院で使用しているシルエットリフトはFDA(米国の厚労省の相当するもの)の承認がおりており、効果と安全性が証明されています。欧米の学会でも盛んに使用されている糸で、最も信頼性の高い糸ということが出来きます。

スレッドリフトによる治療のメリット
・簡便
・副作用が少ない

ディメリット
・たるみが高度な方には効果が少ない。
・施術者による技術の差がある。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射によるたるみ治療は現在、最もポプラーな治療法のひとつです。
ヒアルロン酸というとうシワを伸ばす治療法とお考えの方が多いと思うのですが、2010年頃よりたるみ治療に用いられることが増えてきました。どなた様にも一定の効果を得やすく、満足度も高いため、初めてたるみ治療をやるという人にもお勧めしやすい治療法です。

ヒアルロン酸注射のメリット
・簡便
・安全性が高い
・副作用が少ない
・安定した効果が得やすい。

ヒアルロン酸注射のディメリット
・たるみが高度の方にはたくさんのヒアルロン酸を使わなければいけなくなる。
・極端にたくさん注入すると皮膚がたるむ可能性がある。
・定期的に注入を繰り返さなければいけない。

ラジオ波、レーザー、フラクショナルレーザー、超音波を使った治療

ラジオ波(サーマクール、テノール2など)を真皮層のコラーゲンに作用させます。

ラジオ波を用いてコラーゲンを熱収縮させます。
コラーゲンはタンパク質の一種のため、熱を与えると収縮し変性します(成分は異なりますが卵の白身などをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません)。これが即時反応で、治療後、すぐ効果が現れます。変性により収縮したコラーゲンは、収縮したまま、修復、再構成され、顔が引き締まります。それにより顔を引き締めることができます。こちらは治療数ヶ月から半年ほどかけて効果が現れてきます。

この辺りの原理に関しては関しては、レーザー治療、でも同じです。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーに関しては、上記、ラジオ波、点状にコラーゲンにエネルギーを与え、変性させます。かつて、炭酸ガスレーザーやEr:YAGレーザーなどのアブレイティブ(焼灼)なフラクショナルレーザーが行われておりました。こららは文字どおり点状に皮膚表面にやけどを作る治療で、確かに効果はあるのですが、我々、アジア人は色素沈着のリスクが極めて高くあまり浸透しませんでした。
その2000年前後にノンアブレイティブ(非焼灼系)のフラクショナルレーザーが登場しました。
こちらは表皮(皮膚表面)の熱傷が少なく、色素沈着のリスクが少ないのですが、残念ながらたるみ治療という意味では効果の乏しいものでした。

超音波を使った治療

高密度焦点式超音波(HIFU、ハイフ)が出現して以来、超音波を使った治療が注目されています。代表的なものにウルセラがあります。複数の超音波を皮膚の表面より照射し、深部のある一点に集中させ熱を発生させます。この方法では皮膚の表面ではそれほど熱量が発生せずに、すなわち熱傷のリスクを少なくし、皮下では十分な熱量を提供することが可能となります。
これにより、他の照射系治療と同様に真皮層に熱量を届けることのみにあらず、より深い筋膜(SMAS筋膜)にまで熱量を届けることが可能となり、理論的にはより高い効果を期待することができます。高密度焦点式超音波治療は、超音波の特徴を生かし深部にまで熱量を届けることができるという点が優れています。

SMAS筋膜というのはあまり聞きなれないかもしれませんが、頬などの表情筋の表面を広く覆う膜で、フェイスリフト手術でも重要な意味を持つ膜です。

それを引き締めることがたるみ治療で重要であります。
筋膜にまで届けられた熱量により筋膜が熱変性し収取、再構築される、ことでたるみ効果を発揮する、というのは他の治療法と同じです。

ラジオ波、レーザー、フラクショナルレーザー、超音波を使った治療は
・安全性が高い。
・異物を注入しない。
・自然に若返られる。
というメリットと
・やや効果が安定しない
・即時効果が乏しい(効果を実感できるまで数ヶ月かかる)というデメリットがあります。

ボツリヌス菌毒素製剤(ボトックス

ボツリヌス菌毒素製剤(ボトックス)を使ったたるみ治療というのは、やや本筋とは言い難い治療法ですが、よく用いられている治療法のひとつです。ボツリヌス菌毒素製剤というのは神経と筋肉の伝達をブロックすることで筋肉の働きを低下させる注入剤です。

顔は下に引っ張る筋肉と上に引っ張る筋肉とが拮抗していると言って良い状況なのですが、下に引っ張っている筋肉のみをブックすることで理論的には上に引っ張っている筋肉を優位にし、たるみ治療を行うことが可能となります。これは海外でも比較的定評のある治療法です。
例えば、広角をしたに引く筋肉、すなわち口角下制筋をブロックすると口角を上げることができます。

もう一つはマイクロボトックスと言って、真皮内にボトックスを注入することで、たるみ治療を行う方法で、主にアジアで行なわれている治療法です。メカニズムがはっきりしておらず、エビデンスレベルも高くはありません。

花房コメント

それらの治療はどれも一長一短あり、それがいいというのはないのですが、初心者はヒアルロン酸注入からスタートすることをお勧めしたいと思います。
その理由は簡単で、たるみ治療で、ヒアルロン酸注射を受けた方の満足度が最も高いと分かっているからです。
治療が簡便なのと、誰にでも効果が出やすい点、効果がすぐにわかる点が大きいのかと思います。
ではヒアルロン酸注入だけでいいかというと、そんなことはなく、ヒアルロン酸をやり過ぎれば、顔がパンパンになってしまいますし、違和感も出るでしょう。たるみに関しては治療をしているということがわからないようにしないといけません。

ある程度、ヒアルロン酸注入を行って、まだたるみが気になる場合は、スレッドリフトやレーザーをなどを行うといいと思います。
その場合も、FDA(アメリカの厚労省に近いもの)もしくは厚労省の承認を得ているものから選ぶのが重要です。これらの許可を得ているということは、科学的なエビデンス(根拠)があるということになり、そうでない場合は、科学的なエビデンスが乏しいと可能性があるからです。安すぎる治療にも注意が必要と思われます。

お気軽にお問い合わせください

はなふさ皮膚科・美容皮膚科の医院はこちら

はなふさ皮膚科 三鷹院

はなふさ皮膚科 三鷹院

TEL.0422-72-8650

受付時間/8:30〜11:30、14:30〜18:00
※土曜は8:30~13:00まで
休診日/木・日・祝日
東京都三鷹市上連雀4-3-5松崎ビル2F

はなふさ皮膚科 新座院

はなふさ皮膚科 新座院

TEL.048-483-8723

受付時間/8:30~11:30、14:30~18:00
※土曜は8:30~13:00
休診日/水・日・祝日
埼玉県新座市野火止5-10-26

はなふさ皮膚科 国分寺院

はなふさ皮膚科 国分寺院

TEL.042-320-7722

受付時間/8:30~11:30、14:30~18:00
※土曜は8:30~13:00まで
休診日/木・日・祝日
東京都国分寺市本町 4-1-9

はなふさ皮膚科 久我山院

はなふさ皮膚科 久我山院

TEL.03-5336-0770

受付時間/8:30〜11:30 14:30〜18:00
※土曜は8:30~13:00
休診日/水・日・祝日
東京都杉並区久我山4-1-9 久我山ビルディング2階

はなふさ皮膚科 志木院

はなふさ皮膚科 志木院

TEL.048‐424‐3726

受付時間/8:30~11:30、14:30~18:00
※土曜は8:30~13:00
休診日/水・日・祝日
埼玉県志木市本町5-25-8 ドゥーセットビル3階

無料カウンセリング受付中!

カウンセラーが親切丁寧にご対応します。
お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

各院へお気軽にご相談ください。

三鷹院
TEL.0422-72-8650
新座院
TEL.048-483-8723
国分寺院
TEL.042-320-7722
久我山院
TEL.042-320-7722
志木院
TEL.048‐424‐3726

未成年の方へのご案内

未成年者(20歳未満)の方が治療をお受けになられる場合、必ず保護者の方の同意が必要になります。